HOME > ニュース >

10ccが「I'm Not in Love」等のレコーディングで使用したキーボードがオークションへ

2019/08/27 16:05掲載
Eric Stewart - The Fender Rhodes electric piano
Eric Stewart - The Fender Rhodes electric piano
10ccが「I'm Not in Love」などのレコーディングで使用したキーボードがオークションに出品されます。

このキーボードは、元10ccのエリック・スチュワート(Eric Stewart)が所有するフェンダー・ローズ・エレクトリック・ピアノ(1973年製)。10ccでは、「The Dean & I」「Life is a Minestrone」「The Wall Street Shuffle」「Art for Art's Sake」「I'm Mandy Fly Me」「Good Morning Judge」「The Things We Do For Love」「Dreadlock Holiday」「I'm Not in Love」などで使用。「I'm Not in Love」のミュージックビデオにも登場しています。

また、このキーボードは10cc以外でもポール・マッカートニー(Paul McCartney)スティーヴィー・ワンダー(Stevie Wonder)のセッションでも使われています。

スチュワートは今回のオークションに、1950年代にカスタマイズされたギブソン・レスポールギターも出品します。このギターは多くの10cc楽曲で使用され、またスチュワートはポール・マッカートニーのソロ・アルバム『Tug of War』『Pipes of Peace』でもこのギターを使用しています。

この2点は、9月11日から13日にかけて英国ウィルトシャーで開催される大規模なオークションの一環として競売にかけられる予定。

キーボードの落札予想価格は6,000ポンド〜10,000ポンド(約77万円〜約129万円)

「I'm Not in Love」のミュージックビデオ