HOME > ニュース >

大瀧詠一『大瀧詠一』はっぴいえんど『HAPPY END』細野晴臣『HOSONO HOUSE』がカセットテープ再発

2018/07/26 17:21掲載(Last Update:2018/07/26 17:24)
大瀧詠一 / 大瀧詠一、はっぴいえんど / HAPPY END、細野晴臣 / HOSONO HOUSE  [カセットテープ]
大瀧詠一 / 大瀧詠一、はっぴいえんど / HAPPY END、細野晴臣 / HOSONO HOUSE [カセットテープ]
大瀧詠一『大瀧詠一』、はっぴいえんど『HAPPY END』、細野晴臣『HOSONO HOUSE』の3タイトルがカセットテープ再発。8月22日発売。限定発売。リイシュー元はFUJI
※以下インフォメーションより

●大瀧詠一『大瀧詠一』

大瀧詠一がはっぴいえんど在籍中にリリースしたファースト・ソロ・アルバム『大瀧詠一』はっぴいえんど在籍中の1972年にベルウッド・レコードから発売された記念すべきファースト・アルバム。大瀧詠一の作品の中でも屈指の人気を誇る本作は、細野晴臣、松本隆、鈴木茂、林立夫、松任谷正隆、鈴木慶一、布谷文夫、吉田美奈子といった豪華ゲストが参加。ア・カペラ、フォーク・ロック、ファンク、オールディーズ等大瀧特有の多彩な音楽性をポップスへと昇華した内容で、“ロンバケ”と並び称される超名盤。

-限定商品-
オリジナルLP発売日:1972年11月25日 レーベル:ベルウッド・レコード オリジナル品番:OFL-7

A1. おもい
A2. それはぼくぢゃないよ
A3. 指切り
A4. びんぼう
A5. 五月雨
A6. ウララカ
B1. あつさのせい
B2. 朝寝坊
B3. 水彩画の町
B4. 乱れ髪
B5. 恋の汽車ポッポ第二部
B6. いかすぜ!この恋

●はっぴいえんど『HAPPY END』

はっぴいえんどがローウェル・ジョージ(リトルフィート)、ヴァン・ダイク・パークス等と共に作り上げたラスト・アルバム『HAPPY END』
はっぴいえんど最後のアルバムは、1972年10月にハリウッドのサンセット・サウンド・レコーダーズでレコーディングが行われた。リトル・フィートのローウェル・ジョージ、ビル・ペイン、ヴァン・ダイク・パークスら豪華メンバーが参加しており、細野晴臣、大瀧詠一、松本隆、鈴木茂4人の個性とソングライティングがぶつかり合う傑作にして、その後の個々の活動を暗示するかのような重要アルバム。

-限定商品-
オリジナルLP発売日:1973年2月25日 レーベル:ベルウッド・レコード オリジナル品番:OFL-8

A1. 風来坊
A2. 雨月のスケッチ
A3. 明日あたりはきっと春
A4. 無風状態
B1. さよなら通り3番地
B2. 相合傘
B3. 田舎道
B4. 外はいい天気
B5. さよならアメリカ さよならニッポン

●細野晴臣『HOSONO HOUSE』

細野晴臣が狭山の自宅でホーム・レコーディングしたファースト・ソロ・アルバム『HOSONO HOUSE』
当時細野晴臣が住んでいた埼玉県狭山市の通称「アメリカ村」の自宅に機材を持ち込み、ザ・バンド、ジェイムス・テイラーといったアメリカの良質な音楽の録音方法を下敷きにして制作されたファースト・アルバム。演奏には後に細野と共にキャラメル・ママ~ティン・パン・アレーへと発展する鈴木茂(はっぴいえんど)、松任谷正隆、林立夫が参加。「僕は一寸」「終りの季節」「恋は桃色」といった細野晴臣のソロを代表する楽曲ばかりが収録されたシンガー・ソングライター作品の超人気盤。

-限定商品-
オリジナルLP発売日:1973年5月25日 レーベル:ベルウッド・レコード オリジナル品番:OFL-10

A1. ろっかばいまいべいびい
A2. 僕は一寸
A3. CHOO CHOO ガタゴト
A4. 終りの季節
A5. 冬超え
B1. パーティー
B2. 福は内 鬼は外
B3. 住所不定無職低収入
B4. 恋は桃色
B5. 薔薇と野獣
B6. 相合傘