HOME > ニュース >

ボビー・キーズのドキュメンタリー『“6人目のストーンズ”と呼ばれた男〜ボビー・キーズ・ストーリー』がDVD発売

2017/08/07 18:29掲載
“6人目のストーンズ”と呼ばれた男 〜 ボビー・キーズ・ストーリー
“6人目のストーンズ”と呼ばれた男 〜 ボビー・キーズ・ストーリー
ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)の「ブラウン・シュガー」やジョン・レノン(John Lennon)の「真夜中を突っ走れ」など数々の名演を聴かせてきたサックス奏者、ボビー・キーズ(Bobby Keys)の音楽と人生を綴った物語。オフィシャル・ドキュメンタリー『“6人目のストーンズ”と呼ばれた男 〜 ボビー・キーズ・ストーリー』の日本版DVDが8月30日発売。日本先行発売。リリース元はヤマハミュージックメディア

トレーラー映像あり



以下、プレスリリースより

15歳からバディ・ホリーのバックを務め、その後デラニー&ボニーのメンバーとなりエリック・クラプトンとも共演。ジョージ・ハリスン、ジョン・レノン、リンゴ・スターやマッド・ドッグス&イングリッシュメンのレコーディングにも参加してきたボビー・キ―ズ。60年代末からはローリング・ストーンズのレコーディングへの参加やツアー・メンバーとしても抜擢され、キース・リチャーズが"6人目のストーンズ"と認めるほど、2014年12月に亡くなるまでストーンズに無くてはならない存在だったサックス・プレイヤー、ボビー・キーズのオフィシャル・ドキュメンタリーが発売される。

キース・リチャーズ、チャーリー・ワッツ、ロン・ウッド、ミック・テイラーら新旧のストーンズのメンバーがこぞって出演。ほかにもイアン・マクレガン、ボビー・ウィットロック、ジム・ケルトナー、ドクター・ジョン、ビリー・ギボンズらのボビー・キーズについての数々の証言と貴重な映像と写真を交え、エルヴィス・プレスリーやBB・キング、ザ・フー、フェイセズ、ハンブル・パイなど歴史的なアーティストと共演してきた名物サックス・プレイヤーの歴史が紐解かれる。

ローリング・ストーンズとの出会いや、有名な南フランスでのレコーディング・セッション。また一時期ストーンズを離れることになったエピソード。デラニー&ボニー参加へのいきさつや、ジョン・レノンとのレコーディング秘話など、ストーンズ・ファンはもちろん、ロック・ファンなら知っておきたいエピソードが満載となっている。

●ドミニク・ターレによる『メイン・ストリートのならず者』のレコーディング時の貴重な写真満載のオフィシャルWebサイトは
http://www.ymm.co.jp/feature/bobby_keys.php

●2017年8月30 日 日本先行発売
『"6人目のストーンズ"と呼ばれた男 〜 ボビー・キーズ・ストーリー』
(原題:Every Night's A Suturday Night)
DVD : YMBA-10683  4,000円(本体価格+税)

出演:ボビー・キーズ、キース・リチャーズ、チャーリー・ワッツ、ロン・ウッド、ミック・テイラー、ジム・プライス、イアン・マクレガン、ボビー・ウィットロック、ジム・ケルトナー、ドクター・ジョン、ビリー・ギボンズ、バーナード・ファウラー、リサ・フィッシャー、ダリル・ジョーンズ他