HOME > ニュース >

クイーン・ファンのためのイベント<ザ・クイーン・デイ>が今年も開催決定

2017/03/10 13:42掲載
The Queen Day Vol.03〜世界に捧ぐ News of the World リリース 40周年記念〜
The Queen Day Vol.03〜世界に捧ぐ News of the World リリース 40周年記念〜
クイーン・ファンのためのイベント<ザ・クイーン・デイ>が今年も開催決定。クイーン(Queen)がコンサートのために初めて踏んだ日本の地、羽田空港にて4月15日(土) に行われます。

以下、インフォメーションより

<The Queen Day Vol.03〜世界に捧ぐ News of the World リリース 40周年記念〜>

クイーンが初めて日本に降り立ったのは1975年4月17日。羽田国際空港には3000人近くのファンが集まり、クイーンを迎えました。これにいちばん驚いたのは、4人のメンバー。この日を境にクイーンと、日本の幸せな関係が始まりました。

2015年にはクイーン来日40周年を記念し、羽田国際空港到着日の4月17日を「The QUEEN Day /クイーンの日」に制定。同年4月17日、ファンにとって聖地の羽田国際空港内のTIAT SKY HALLにて第1回「ザ・クイーン・デイ」が開催され、日本中のクイーン・ファンが集まりました。

3年目を迎えた今年の『ザ・クイーン・デイ』。ライブ・パフォーマンス・コーナーでは、レコード・ヴァージョンの緻密なサウンドをステージで再現する国内屈指のクイーン・トリビュート・バンド、Gueenが遂に登場!2013年の来日時、ポール・マッカートニー夫人のバースディパーティで演奏し、ポール始めメンバーらを大爆笑(?!)させた実力は、もはや世界一のクイーン・トリビュート・バンドと言っても過言ではないでしょう。

トーク・コーナーには、クイーン本(東京FM出版刊)の著書もある総合音楽家の和久井光司が参加。そして、今年のテーマは、リリースから40年経った6枚目のオリジナル・アルバム『世界に捧ぐ/News of the World』にスポットをあてます。「ウィ・ウィル・ロック・ユー」「伝説のチャンピオン」といったクイーンを代表する楽曲2曲が収められながらも、『クイーンⅡ』や『オペラ座の夜』等に比べると、一般認知が低い同アルバム(ファンにはお馴染みではありますが)について、Gueenは滅多に聴けない同作のレア楽曲を交えながら、お馴染みのヒット曲をパフォーマンス。和久井光司は、それまでの重厚なコーラスやサウンドを封印し、シンプルでソリッドに劇的変化を遂げたアルバム『世界に捧ぐ』の背景を熱くトークします。

●2017年4月15日(土)
TIAT SKY HALL(羽田空港国際線ターミナル4F)
OPEN 15:30 / START 16:00
自由席(入場整理番号あり)
前売 \\4,320 / 当日\\5,000 (各税込?ドリンク代¥600別)

主催/企画制作:CITTA' WORKS
協力:ユニバーサル ミュージック / シンコーミュージック・エンタテイメント / 六角堂

【PROGRAM】
☆Special Talk Time
【 トークゲスト 】
和久井光司(総合音楽家)

☆Live Performance
Queen Tribute Band : Gueen (グイーン)

MC : 石角隆行(クイーン評論家)

【TICKET】
オフィシャル先行販売 ( ぴあ/先着 )
2017年3月10日(金) 正午〜2017年3月14日(火) 23時59分
【受付URL】http://w.pia.jp/t/thequeenday

プレイガイド 一般発売開始 2017年3月18日(土)
チケットぴあ http://t.pia.jp 0570-02-9999 (Pコード:327-350)
イープラス(e+) http://eplus.jp

詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
http://cittaworks.com/queen/