HOME > ニュース >

モンキーズが20年ぶりの新アルバム『Good Times!』を6月リリース、ノエル・ギャラガーやリヴァース・クオモ、アンディ・パートリッジら参加

2016/02/06 03:05掲載(Last Update:2016/02/06 07:37)
The Monkees / Good Times!
The Monkees / Good Times!
モンキーズ(The Monkees)が20年ぶりの新スタジオ・アルバム・リリースを正式発表。新アルバム『Good Times!』を海外で6月10日発売。リリース元はRhino。スタジオ・アルバムの発表は1996年の『Justus』以来。

ソングライティングにはノエル・ギャラガー(Noel Gallagher)ウィーザー(Weezer)リヴァース・クオモ(Rivers Cuomo)XTCアンディ・パートリッジ(Andy Partridge)デス・キャブ・フォー・キューティー(Death Cab for Cutie)ベン・ギバード(Benjamin Gibbard)らが参加予定。ファウンテインズ・オブ・ウェイン(Fountains of Wayne)のアダム・シュレシンジャーがプロデュースを担当しています。メンバーのピーター・トークとマイク・ネスミスもソングライティングにも参加しているようです。

タイトル曲はニルソン(Nilsson)ことハリー・ニルソンによって書かれた楽曲で1968年にレコーディング・セッションを行うものの未完成に終わった楽曲。今回はニルソンとミッキー・ドレンツによるヴァーチャル・デュエットで収められる予定です。またアルバムには、ニール・ダイアモンド(Neil Diamond)作の「Love to Love」やキャロル・キング(Carole King)作の「Wasn't Born To Follow」なども収められる予定です。