HOME > ニュース >

桑田佳祐がデヴィッド・ボウイを追悼、「Starman」の弾き語りも

2016/01/20 17:21掲載
桑田佳祐
桑田佳祐
桑田佳祐デヴィッド・ボウイ(David Bowie)を追悼。自身がメインパーソナリティを務めるTOKYO FMのラジオ番組『桑田佳祐のやさしい夜遊び』(1月16日放送)にてボウイについて語っています。

「1月10日にデヴィッド・ボウイが逝去されたんですよね。69歳という若さでね。1年くらい前からご病気で療養されていたということですけれども……。
同世代の友達からもメールが来るんです。『デヴィッド・ボウイが亡くなっちゃったね……』ってね。僕らにとって、ビートルズやボブ・ディランは、(自分たちより)ちょっと上の世代だったんですけれども……デヴィッド・ボウイはジャストと言いますか……ちょっともう……きますね。本当に残念です」


番組の生歌のコーナーでは、「世界中の人が歌っていると思いますが、私も歌ってみようと思います」と、デヴィッド・ボウイの「Starman」を弾き語りで披露。「デヴィッド・ボウイさん、ありがとう」と語り、偉大な先人の死を悼みました。