HOME > ニュース >

デヴィッド・ボウイ+ブライアン・イーノのベルリン三部作をスティーヴ・ハウの息子がジャズ・カヴァー、ライヴ映像が公開中

2014/12/28 22:31掲載
Dylan Howe / SUBTERRANEAN - New Designs On Bowie's Berlin
Dylan Howe / SUBTERRANEAN - New Designs On Bowie's Berlin
デヴィッド・ボウイ(David Bowie)ブライアン・イーノ(Brian Eno)とのコラボレーションで制作した“ベルリン三部作”の楽曲を、イエス等で知られるスティーヴ・ハウ(Steve Howe)の息子であるジャズ・ドラマーのディラン・ハウ(Dylan Howe)が新たな解釈のもとでジャズ・カヴァーしたアルバム『SUBTERRANEAN - New Designs On Bowie's Berlin』。この作品をコンサートで再現したライヴ・パフォーマンスの映像が公開。今年9月と10月に行われたコンサートより、「Some Are」と「Weeping Wall」が観れます

●Dylan Howe's Subterraneans LIVE - Weeping Wall - Warwick Arts 18/10/14


●Dylan Howe's Subterraneans LIVE - Some Are - Kings Place 29/9/14


<演奏>
Dylan Howe - drums
Dave Whitford - double bass
Ross Stanley - piano
Steve Lodder - synthesisers
Andy Sheppard - tenor saxophone

アルバム『SUBTERRANEAN - New Designs On Bowie's Berlin』は以下で全曲フル試聴できます