HOME > ニュース >

10ccのグレアム・グールドマン、8年ぶりのソロアルバムからリンゴ・スター参加曲「Standing Next to Me」公開

2020/03/13 06:56掲載
Graham Gouldman / Modesty Forbids
Graham Gouldman / Modesty Forbids
10ccグレアム・グールドマン(Graham Gouldman)は、8年ぶりのソロ・アルバム『Modesty Forbids』から、リンゴ・スター(Ringo Starr)が参加した新曲「Standing Next to Me」を公開。







アルバムは海外で2020年3月20日発売。リリース元はLojinx 。

ソロ・アルバムのリリースは2012年の『Love and Work』以来。

新作ではリンゴ・スター(Ringo Starr)が4曲でドラムを演奏しています。

グレアムはリンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンド(Ringo Starr & His All Starr Band)の2018年ヨーロッパ&アメリカ・ツアーに参加しています。

リンゴが参加した曲のひとつ「Standing Next To Me」についてグレアムは“この曲は僕がどのようにして彼のバンドに加わるように頼まれたのか、そして彼らと一緒に旅をした経験についてのものだ”と語っています。

以下は以前に公開された音源

「All Around the World」
■『Modesty Forbids』

1. Standing Next to Me
2. That's Love Right There
3. All Around the World
4. It's Not You It's Me
5. What Time Won't Heal
6. Different Times
7. Wake up Dreamer
8. Russian Doll
9. Hangin' by a Thread (feat. Cassa Jackson)
10. Waited All My Life for You
11. New Star