HOME > ニュース >

ブラック・サバスが声明を発表。「ビル・ウォードなしでもレコーディングは継続させる」

2012/02/04 13:32掲載
ブラック・サバス(Black Sabbath)のドラマー、ビル・ウォードが先日、「契約書上の問題」のため、今回の再結成に伴う活動から離脱するかもしれないと宣言したことに対し、オジー・オズボーン(Ozzy Osbourne)トニー・アイオミ(Tony Iommi)ギーザー・バトラー(Geezer Butler)の3人が連名で声明を発表。ウォードの発表に「悲しんでいる」と説明し、「我々には選択権はない。ウォードを迎え入れるためのドアは常に開けておくが、レコーディングは彼なしでも継続させる」といった内容を述べています。