HOME > ニュース >

10歳の日本人女子ドラマー“よよか” レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン「Know Your Enemy」のドラムカヴァー映像公開

2020/02/15 00:15掲載
Know Your Enemy - Rage Against The Machine / Cover by Yoyoka, 10 year old
Know Your Enemy - Rage Against The Machine / Cover by Yoyoka, 10 year old
レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)のドラム演奏映像が世界中で話題を集めた、10歳の日本人女子ドラマー“よよか”。新たなドラム・カヴァー映像を公開。今回はレイジ・アゲインスト・ザ・マシーン(Rage Against the Machine)の「Know Your Enemy」



以下は、よよかの“叩いてみた動画”をまとめたプレイリスト

《ドラマー“よよか”プロフィール》
2009年10月生まれ。2歳からドラムを始め、4歳からライブ活動を開始し、5歳で家族バンド「かねあいよよか」を結成。幼稚園在籍中の6歳で1stCDを発売する。
ドラムのみならず、作詞作曲、ボーカル、ピアノも担当。
2018年、世界的な女性ドラマーのコンテスト『Hit Like A Girl』の18歳以下の部にて、最年少の8歳でウイークリーチャンピオンとなる。Led Zeppelinの『Good Times Bad Times』をカヴァー演奏した応募動画が、アメリカのNBC、NPR、ローリングストーン誌やビルボードで特集され、世界中に拡散。
Led Zeppelinのロバート・プラント、Red Hot Chili Peppersのチャド・スミス、シェリル・クロウ、KISSのジーンシモンズやエリック・シンガー、Sonic Youthのキム・ゴードン、Paramoreのヘイリー、サス・ジョーダン、トニー・ロイスターJr.などから称賛される。
国内でも、矢野顕子、佐藤竹善、ハマ・オカモト、亀田誠治、ピエール中野、LOUDNESSの二井原実らも驚きとともにSNSでよよかを紹介。

2018年は『RISING SUN ROCK FESTIVAL in EZO』に史上最年少出演を果たし、オリジナル曲のほかChar、奥田民生などをゲストに迎え、Led Zeppelinの『Good Times Bad Times』を演奏。
2019年には『サマーソニック東京』でマウンテンステージのトリ、Fall Out Boyのステージにサプライズ登場。彼らと共演し2万人の観客を沸かせた。
また、シンディ・ローパーからオファーを受け、日本ツアーの最終日、東京オーチャードホールでの公演でゲストドラマーとして2曲演奏し、シンディと共演を果たす。

国内でも2019年、亀田誠治主催の『日比谷音楽祭』に出演。ゴダイゴ、JUJU、KREVA、Reiらと共演。他にも「MUSIC FAIR」「TBS音楽の日」「題名のない音楽会」などに出演し三浦大知、倖田來未、大黒摩季、サンプラザ中野くん、ROLLY、本田雅人など多くのアーティストと共演を果たしす。

また、Nike、Moncler、UNIQLOなど世界的ブランドのCMに抜擢。撮影はタイやニューヨークでも行われ、世界中から大きな反響を得る。

2019年は1月と5月にロサンゼルスにて収録される『The Ellen Show(エレンの部屋)』に日本人としては異例となる2度の出演を果たし、Foo Fightersのデイヴ・グロールからもビデオコメントで賞賛を受けた。また、ロサンゼルスの老舗ライブハウス「Whisky A Go Go」にて海外初ライブを大盛況で終える。
2019年4月には、Newsweek日本版「世界が尊敬する日本人100人」に史上最年少で選出。
8歳でドラムメーカーのPearl、VIC FIRTHと史上世界最年少エンドース契約し、Zildjian、CYMPAD、DWともエンドース契約。
2020年にロサンゼルスで開催された世界最大の楽器ショー”NAMM Show”のPearlブースにて、最年少、女性、日本人唯一のドラマーとしてパフォーマンス。
"Yoyoka"の衝撃は今も世界へ広がり続けている。

好きなドラマーはジョン・ボーナム、クリス・コールマン、ネイト・スミス、チャド・スミス、デイヴ・グロール、山木秀夫など。

夢は、世界を回って世界中の人たちとセッションをすること。近い夢は、東京オリンピックで演奏すること。