HOME > ニュース >

キース・リチャーズ ついにタバコをやめる

2020/02/08 00:22掲載
Keith Richards
Keith Richards
ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)キース・リチャーズ(Keith Richards)は、タバコを吸わなくなったと明かしています。キースは、米ニューヨークのラジオ局Q104.3のジム・カーのインタビューの中で、2019年10月以来タバコに触れていないと発言しています。

キースは2019年、英Mojo誌のインタビューの中で、ヘロインをやめるよりも禁煙する方が難しいと語っていました。「ヘロインをやめるのは地獄のようだけど、それは短い地獄だ。たばこは常にそこにあり、いつも手を出してしまう。何も考えずに手に取って火をつけてしまうんだ」と説明していました。

それから約1年。キースはタバコをやめた決断について、できるだけ長く音楽に積極的に取り組みたいという彼の願望によるものだと言っています。「ミックも俺も、前回のツアーでそう思ったんだよ」「これを続けなければならない」と説明しています。

キースはまた飲酒を控えているという。最近は「食事中はワインを少しだけ飲み、ギネスかビールを1〜2杯飲む」と説明しています。