HOME > ニュース >

“黒いウッドストック”<Harlem Cultural Festival>のドキュメンタリーをザ・ルーツのクエストラヴが監督

2019/12/03 19:15掲載
Questlove
Questlove
<ウッドストック・フェスティバル>と同じ1969年に、ニューヨーク市マンハッタンのハーレム地区で開催された音楽フェスティバル<Harlem Cultural Festival>。黒人文化の中心地で開かれた“黒いウッドストック”に関するドキュメンタリーを、ザ・ルーツ(The Roots)クエストラヴ(Questlove)が監督します。タイトルは『Black Woodstock』。クエストラヴの監督デビュー作です。公開日はまだ発表されていません。

このフェスティバルでは、スティーヴィー・ワンダー(Stevie Wonder)スライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly and The Family Stone)ニーナ・シモン(Nina Simone)B.B.キング(B.B. King)ザ・ステイプル・シンガーズ(The Staple Singers)などがパフォーマンスを行っています。30万人以上が参加したにもかかわらず、このフェスティバルは当時、メイン・メディアではほとんど取り上げられませんでした。

映画では、映像作家のHal Tulchinが撮影した、これまでに発表されていない40時間分のフェスティバルの映像をフィーチャーします。

クエストラヴは「<Harlem Cultural Festival>の情熱、ストーリー、音楽を世界中の観客に届けることができて本当にうれしいです」「パフォーマンスは並外れています。失われた映像を初めて見たとき、僕はびっくりしました。これまで語られたことのない50年の歴史を見るのは信じられないことです」とコメントしています。