HOME > ニュース >

10歳の日本人女子ドラマー“よよか” TOTO「Rosanna」のドラムカヴァー映像公開

2019/11/17 11:57掲載
Rosanna - Toto / Cover by Yoyoka, 10 year old
Rosanna - Toto / Cover by Yoyoka, 10 year old
レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)のドラム演奏映像が世界中で話題を集めた、10歳の日本人女子ドラマー“よよか”。新たなドラム・カヴァー映像を公開。今回はTOTOの「Rosanna」



以下は、よよかの“叩いてみた動画”をまとめたプレイリスト

《ドラマー“よよか”プロフィール》
2009年10月生まれ。2歳からおもちゃ代わりにドラムを始め、4歳からライブ活動を始める。
5歳で 『かねあいよよか』を結成し幼稚園在籍中の6歳で1stCDを発売。
作詞作曲、ボーカル、ピアノも担当。
2018年6月、世界的な女性ドラマーのコンテスト『Hit Like A Girl 2018』の18歳以下の部にて、最年少の8歳でウイークリーチャンピオンとなる。
Led Zeppelinの『Good Times Bad Times』をカヴァー演奏した応募動画が、アメリカの NBC、NPR、ローリングストーン誌やビルボードで特集され、世界中に拡散。
Red Hot Chili Peppersのチャド・スミス、シェリル・クロウ、KISSのエリック・シンガー、Sonic Youthのキム・ゴードン、Paramoreのヘイリー、サス・ジョーダン、トニーロイスターJrなどから称賛される。
国内でも、矢野顕子、佐藤竹善、ハマ・オカモト、亀田誠治、ピエール中野らも驚きとともにSNSでよよかを紹介。
さらにLed Zeppelinのヴォーカリスト、ロバート・プラントもよよかの演奏動画を称賛。
2018年8月『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO』に史上最年少出演。オリジナル曲のほか、Char、奥田民生、KenKenなどをゲストに迎え、Led Zeppelinの『Good Times Bad Times』を演奏。
2018年9月、さいたまスーパーアリーナで開催された『第27回東京ガールズコレクション2018 AUTUMN/WINTER8』でドラム演奏を披露。3万人の観客を沸かせた。
タイで撮影された世界的スポーツブランド"Nike"のワールドワイドCMに抜擢。セリーナ・ウィリアムズらとの共演。動画再生1500万回。
2018年10月、札幌の道新ホールにてアマチュアとして異例の700名チケットソールドアウト。
2018年10月21日、東京ビックサイトで開催された"ベースの日×ドラムの日 楽器フェア50周年スペシャル"に出演。ベーシストの亀田誠治やドラマーのピエール中野、KOUHEI(4 Limited Szabys)と共演。
同11月29日、札幌のhitaruにてNHK「いまこそ、ひとつに、北海道ライブ」にアマチュアで唯一出演。細川たかし、大黒摩季、AKB48、Little Glee Monster、SHISHAMO、大泉洋と共演。
大黒摩季のステージでは「ららら」のドラムで参加。
2019年1月、“The Ellen DeGeneres Show”に出演。また、老舗ライブハウス「Whisky A Go Go」にて海外初ライブを大盛況で終える。
2019年4月、Newsweek日本版「世界が尊敬する日本人100人」に史上最年少で選出。
2019年5月、The Ellen DeGeneres Showに2回目の出演。Foo Fightersのデイヴ・グロールからもビデオコメントで賞賛される。
2019年6月、亀田誠治主催の「日比谷音楽祭」に出演。ゴダイゴ、JUJU、KREVA、Reiらと共演。
2019年7月、TBS「音楽の日」に出演、サンプラザ中野くんとコラボ。
2019年8月、世界的ファッションメーカー、Monclerのキャンペーンキャラクターに、ウィルスミスとともに抜擢。サマーソニック2019東京、マウンテンステージのトリ、Fall Out Boyのステージにサプライズ登場し、共にプレイ。
2019年9月、フジテレビ「MUSIC FAIR」にて三浦大知、倖田來未と共演。
10月、UNIQLOのフリース25周年CMに抜擢。世界的ダンサーの蛯名健一との共演を果たす。シンディー・ローパーのジャパンツアーファイナル、東京オーチャードホールにて、ゲストで2曲を演奏。

8歳でPearl、VIC FIRTHと史上世界最年少エンドース契約し、Zildjian、CYMPAD、DWともエンドース契約。
"Yoyoka"の衝撃は今も世界へ広がり続けている。

好きなドラマーはジョン・ボーナム、クリス・コールマン、ネイトスミス、チャド・スミス、デイヴ・グロール、山木秀夫など。