HOME > ニュース >

ビートルズがデビュー前の1962年にブライアン・エプスタインと交わした最初の契約書がオークションへ

2019/06/15 15:40掲載
The Beatles - GETTY IMAGES
The Beatles - GETTY IMAGES
英BBCによると、ビートルズ(The Beatles)のメンバーがデビュー前の1962年1月24日に、後にマネジャーとなるブライアン・エプスタインと交わした最初の契約書がオークションに出品されます。競売大手サザビーズによると、落札予想価格は300,000ポンド(約4000万円)。オークションは7月上旬に予定されています。

出品される契約書は、ポール・マッカートニー(Paul McCartney)ジョン・レノン(John Lennon)ジョージ・ハリスン(George Harrison)、そしてピート・ベスト(Pete Best)のサインが入ったもので、ピート・ベストの母親の家でバンドによって署名されたと言われています。

契約書によると、ブライアン・エプスタインはバンドに仕事を見つけ、彼らのスケジュールや宣伝を管理すること、そして「衣服やメイク、アーティストとして振る舞いや演奏する音楽についてのプレゼンテーションと創造」を監督することが挙げられています。

契約ではブライアン・エプスタインの手数料は10%で、収入が1週間に120ポンドを超えた場合は15%に上昇すると説明しています。

ビートルズとブライアン・エプスタインはピート・ベストがバンドを去りリンゴ・スターが加入した後の1962年10月1日に2つ目の契約書を交わしています。