HOME > ニュース >

『レッド・ツェッペリン狂熱のライブ』を東名阪のライヴハウスZeppにて3夜にわたり大音量上映

2018/07/12 14:38掲載
レッド・ツェッペリン結成50周年記念!ライヴ・フィルム『狂熱のライブ』Zeppツアー東名阪 #ライヴ絶響上映
レッド・ツェッペリン結成50周年記念!ライヴ・フィルム『狂熱のライブ』Zeppツアー東名阪 #ライヴ絶響上映
レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)のライヴ・フィルム『レッド・ツェッペリン狂熱のライブ(The Song Remains the Same)』を東名阪のライヴハウスZeppにて、3夜にわたり大音量上映。9月10日(月)に東京、12日(水)に大阪、13日(木)に名古屋のZeppにて『狂熱のライブ』を上映する<Zeppelin“狂熱のライブ”Zeppツアー>が開催されます。

以下プレスリリースより

1976年10月21日、ニューヨークにて世界初公開されたLED ZEPPELIN(以下ZEPPELIN)の伝説的ライヴ・フィルム『狂熱のライブ/THE SONG REMAINS THE SAME』(日本初公開は1977年7月)。その日本での初公開から41年の時を経て、世界でも類をみないライヴハウスのPAシステムをフル活用した大音量上映を行うことになりました。上映会場は、その名称が飛行船のZEPPELIN号に由来するいわれている東京・大阪・名古屋の3か所のZEPP。まさしく"ZEPPでZEP"が実現。9月14日に満2歳を迎える"ライヴ絶響上映"の周年記念として東京・大阪・名古屋3Zeppで上映いたします。ロックファンならずとも知ってる名曲中の名曲「ロックン・ロール」「天国への階段」「胸いっぱいの愛を」ほか全11曲の伝説となった'73年にニューヨークにあるマジソン・スクエア・ガーデンでの狂熱のライヴの模様とイメージ映像とを混合構成されたドキュメンタリー映画となっている。ジミー・ペイジ/ロバート・プラント/ジョン・ボーナム/ジョン・ポール・ジョーンズの最狂の4人が揃ったZEPPELINの名演が、東京・大阪・名古屋の3Zeppの巨大スクリーンで蘇ります。

今から50年前となる1968年の9月7日は、ジョン・ボーナム、ジョン・ポール・ジョーンズ、ジミー・ペイジ、そしてロバート・プラントの4人が初めてそろってステージに立ち、当時はニュー・ヤードバーズ(The New Yardbirds)名義で初めてコンサートを行なった、レッド・ツェッペリンという伝説的ロック・バンドにとって非常に重要な日である。そういった意味で今年の9月で結成50周年を迎えることとなったZEPPELIN。ZEPPELINのリーダーでありソングライティングの中心人物でありギターリストでもあるジミー・ペイジが、内容は未発表ながら、50周年を記念して今後「サプライズの予定が色々とある」と語っており、「誰も聴いたことがない」音源のリリースも示唆していたり、映画『狂熱のライブ/THE SONG REMAINS THE SAME』のオリジナル・サウンド・トラックとして位置付けられてるライヴ・アルバム『永遠の詩(狂熱のライヴ)/THE SONG REMAINS THE SAME』('76年10月22日発売)の究極のリマスターボックスを9月7日に世界同時発売することが先日発表されるなど、Zeppelinファンは勿論のこと、全世界の音楽フリークスもZeppelinの新たな展開に期待を膨らましてる。日本的には、'71年10月に初来日公演を行ってからちょうど47年。最後の来日公演が、'72年の9月だったので、46年の歳月が流れた。今年の7月は、本作の国内初公開から41年目を迎えることもひっくるめて、『ZEPPELIN50祭』を勝手に祝おうと言うことで、『Zeppelin"狂熱のライブ"Zeppツアー』を開催することになりました。東京は9月10日(月)、大阪は12日(水)、名古屋は13(木)と3夜に渡って行われる。Zeppelinのライヴを原体験した方はもちろんのこと未体験の音楽ファンにとってメモリアルな"生誕祭"となりそうだ。

本作は、2007年にブルーレイ化する際にデジタル・リマスタリングされており、劇場上映から40年の時を経て、現代の上映スペックに合わせ高画質・高音質で再生。ZEPPELINが残したライブ映像作品としては最上級の作品となっている。本イベントは、"絶叫OKのライヴ音響による上映"ということで、ライヴさながらに狂乱しながら楽しめる狂熱のスタンディング・エリア(立ち見エリア)では、まるでライヴを観てるかの様な醍醐味を味わえます。まさしくご家庭では再現不能な日本屈指のライヴハウスZeppの『ダイナミックな音圧』『ライヴ級の大音量』『迫力の大画面』という究極の環境にてZEPPELINの1973年のライヴを疑似体験いただけます。また今回の上映は、座席数が非常に限られた1夜限りのスペシャルなツアーということで、プレミア・チケット必至の上映会となることが予想されるのでチケット購入はお早めに。チケット先行受付(プレオーダー)は、本日7月12日(木)12:00〜より、e+にて開始します。みなでこの『Zeppelin50祭』を勝手に盛り上げましょう!Zeppelinライヴを疑似体験できる一生に一度あるかないかの貴重な機会。もう絶対見逃せません!!!

<レッド・ツェッペリン結成50周年記念!ライヴ・フィルム『狂熱のライブ』Zeppツアー東名阪 #ライヴ絶響上映>

日程Ⅰ|2018年9月10日(月) Monday.10th.Sep.2018.
会場Ⅰ|Zepp DiverCity(TOKYO)

日程Ⅱ|2018年9月12日(水) Wednesday.12th.Sep.2018.
会場Ⅱ|Zepp Namba(OSAKA)

日程Ⅲ|2018年9月13日(木) Thursday.13th.Sep.2018.
会場Ⅲ|Zepp Nagoya

開場|6:15pm 開映|7:15pm
券種|Ⅰ:プレミアム・エリア・シート(全席指定席)|Ⅱ:一般自由席|Ⅲ:狂熱のスタンディング・エリア(立見)

[チケット] 税込/ドリンク代別
7月12日(木)12:00より、e+にて先行受付(プレオーダー)開始!
【前売券】Ⅰ)プレミアム・エリア・シート(全席指定):4,000円(税込) /Ⅱ)一般自由席:3,000円(税込)/Ⅲ)狂熱のスタンディング・エリア(立見):2,000円(税込)
【当日券】Ⅰ)プレミアム・エリア・シート(全席指定):4,500円(税込) /Ⅱ)一般自由席:3,500円(税込)/Ⅲ)狂熱のスタンディング・エリア(立見):2,500円(税込)
※ご入場時に、別途ワンドリンク+500円をいただきます。
※プレミアム・エリア・シート|会場中・後方の座席で、より快適に作品をご鑑賞いただけるエリアになります。
※狂熱のスタンディング・エリアは、左右見切れる場合がございます。
※狂熱のスタンディング・エリアのみ市販のペンライト、ケミカルライトなどもお持ち込みいただけますが、ご使用の際は、他のお客様へのご配慮をあわせてお願いいたします。著しくまぶしい高輝度タイプ(大閃光やウルトラオレンジ等)や改造サイリウムなど、または、光量が強く明る過ぎたり、長すぎる、点滅など鑑賞の妨げとなったり危険と思われる物のお持ち込みやご使用を中止させていただくこともございます。

【プレオーダー(抽選)】2018年7月12日(木)12:00〜8月2日(木)23:59
席種|Ⅰ)プレミアム・エリア・シート(指定席)|Ⅱ)一般自由席|Ⅲ)狂熱のスタンディング・エリア(立見)
◎イープラス   
URL|http://eplus.jp/zepp-de-zeppelin/(PC、モバイル共通)

【一般販売(先着)】 東京|2018年8月9日(木)15:00〜2018年9月9日(日)  23:59 
【一般販売(先着)】 大阪|2018年8月9日(木)15:00〜2018年9月11日(火)  23:59
【一般販売(先着)】 名古屋|2018年8月9日(木)15:00〜2018年9月12日(水)  23:59
※各社プレイガイドによって終了時間が異なります
※いずれも一般発売は先着順での受付となりますので、予定枚数に達し次第受付終了となります。

◎イープラス: 
・席種|Ⅰ)プレミアム・エリア・シート(指定席)|Ⅱ)一般自由席|Ⅲ)狂熱のスタンディング・エリア(立見)      
・URL|http://eplus.jp/zepp-de-zeppelin/(PC、モバイル共通)
WEBからお申込みの上、ファミリーマートもしくはセブン-イレブンでチケットをお受取ください。
  または、全国のファミリーマート店内のFamiポートから、直接お申込み・ご購入いただくことも可能です。
 
◎チケットぴあ:
・席種|Ⅱ)一般自由席|Ⅲ)狂熱のスタンディング・エリア(立見)     
・URL|http://w.pia.jp/t/zeppelin/
 (PC、モバイル共通) Pコード:***-*** [東京・大阪共通]

WEBからお申込みの上、セブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあの店舗でチケットをお受取ください。
   または全国のセブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあの店舗にて、直接お申込み・ご購入いただくことも可能です。

◎ローソンチケット:
・席種|Ⅱ)一般自由席|Ⅲ)狂熱のスタンディング・エリア(立見)
・URL|http://l-tike.com/zeppelin/ (PC、モバイル共通)Lコード:74170 
WEBからお申込みの上、ローソン、ミニストップでチケットをお受取ください。
または全国のローソン、ミニストップの店内端末「Loppi」から、直接お申込み・ご購入いただくことも可能です。

--------------------------------------------------

【当日券(先着)】東京|2018年9月10日(月)〜時間未定 
【当日券(先着)】大阪|2018年9月12日(水)〜時間未定 
【当日券(先着)】名古屋|2018年9月13日(木)〜時間未定      
※一般発売終了後残席のある場合のみの販売となります。

◎各会場(Zepp DiverCity[東京]/Zepp Namba[大阪]/Zepp Nagoya)のチケットカウンターでも販売いたします。
※各会場での販売は、一般発売終了後残席のある場合のみの販売となります。
※発売開始日時は、各会場へ直接お問い合わせください。

◎イープラス、チケットぴあ、ローソンチケットでも販売いたします。
※販売方法は、一般発売と同様です。

■ライヴ・フィルム『レッド・ツェッペリン 狂熱のライブ』
原題|Led Zeppelin THE SONG REMAINS THE SAME

1976年10月21日世界初公開(ニューヨーク)。翌22日には、映画OSTのライヴ・アルバム『レッド・ツェッペリン 永遠の詩/THE SONG REMAINS THE SAME』が発売。[日本初公開|1977年7月]

ロック・バンド"レッド・ツェッペリン"のライヴを描いた長編ドキュメンタリー。'73年のマジソン・スクエア・ガーデンでの熱狂的なコンサートを中心に、その中で映像と音楽を通して創られている彼らの世界--考え、夢、感情という内面生活をも浮かび上がらせていく。製作総指揮は『レッド・ツェッペリン』のマネージャーでもあるピーター・グラント、監督はピーター・クリフトンとジョー・マソット、撮影はアーニー・デイ、編集監督はP・クリフトン、音響監修は『レッド・ツェッペリン』のメンバーの1人ジミー・ペイジが各々担当。出演は『レッド・ツェッペリン』の4人のメンバー(ジョン・ボーナム、ジョン・ポール・ジョーンズ、ジミー・ペイジ、ロバート・プラント)ほか。「ロックン・ロール」「天国への階段」「胸いっぱいの愛を」ほか全11曲収録。

[映画収録楽曲]
1.ロックン・ロール
2.ブラック・ドッグ
3.貴方を愛しつづけて
4.ノー・クォーター
5.永遠の詩
6.レイン・ソング
7.幻惑されて
8.天国への階段
9.モビー・ディック
10.ハートブレイカー
11.胸いっぱいの愛を

出演・演奏|LED ZEPPELIN ジミー・ペイジ/ロバート・プラント/ジョン・ボーナム/ジョン・ポール・ジョーンズ   
制作|ピーター・グラント   監督|ジョー・マソット、ピーター・クリフトン
【1976年|アメリカ|カラー(一部白黒)|137分|16:9|2ch|デジタル・リマスター版|日本語字幕|BD】



『レッド・ツェッペリン狂熱のライブ』トレーラー映像