HOME > ニュース >

スラッシュ、エディ・ヴァン・ヘイレンは「実に味わい深いブルース・ギタリストだった」

2024/07/10 11:29掲載
メールで知らせる   このエントリーをはてなブックマークに追加  
Slash, Eddie Van Halen
Slash, Eddie Van Halen
斬新なテクニックでロックギターの奏法に革命を起こしたエディ・ヴァン・ヘイレン(Eddie Van Halen)。しかし、ガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュ(Slash)によると、エディの根底にあるのは「実に味わい深いブルース・ギタリストだった」という。米Guitar World誌の新しいインタビューの中で、エディがブルース・プレイヤーだった理由を語っています。

スラッシュによると、その根底には、未知のギター領域に踏み出すための発射台としてブルースを利用した、謙虚なブルース・ギタリストがいたのだという。

「それは俺にとってエディの最もクールなところだった。彼独自の素晴らしいアイデア、レフトフィールド的なもの、その根底にあるのは、実に味わい深いブルース・ギタリストだった。彼はその上に、自分の表現を広げるためにあらゆる方法を付け加えたんだ。だから誰も彼に触れることができなかったんだよ」

同誌は、エディが生前にエリック・クラプトン(Eric Clapton)に最大のインスピレーションを受けたことを公言し、クラプトンのスタイルとサウンドに対するシンプルなアプローチが、少なくとも表面上は正反対に見えるエディ自身のスタイルに影響を与えたことを何度も強調していたことを指摘しています。

エディはかつて米ローリング・ストーン誌のインタビューの中で、自身の影響について尋ねられたとき、こう答えていました。

「エリック・クラプトンは僕のリストのトップにいる。彼のプレイやスタイル、雰囲気に惹かれたのは、彼のアプローチ、トーン、サウンドのシンプルさだった。彼は基本的にギブソンのギターをそのままマーシャルにつないだだけなんだ。基本中の基本。ブルースなんだよ」

もちろん、ブルースの基本的な要素を取り入れ、それを使って独自の広がりを持ったスタイルを確立したロック・ギタリストはエディだけではありませんが、それこそが偉大なギタリストの真の証だと、スラッシュは同誌のインタビューでこう続けています。

「彼らがどんなテクニックを使っていようと、それが彼らのものであれば問題ない。つまり、イングヴェイは?イングヴェイは本気だ。好き嫌いに関係なく、彼はそれを持っている」