HOME > ニュース >

ECMを代表するジャズ・ギタリスト、ジョン・アバークロンビーが死去

2017/08/23 16:12掲載
John Abercrombie
John Abercrombie
ECMを代表するジャズ・ギタリスト、ジョン・アバークロンビー(John Abercrombie)が8月22日、心不全のため死去。サイトOttawa Citizenによれば、今年初めに脳卒中を起こすなど近年は健康上の問題を抱えていました。72歳でした。

ジョン・アバークロンビーは、60年代後半にプロ入りし、ビリー・コブハム、ブレッカー・ブラザーズらとプレイする一方でデイヴ・ホランド、ジャック・ディジョネットとの“ゲイトウェイ”、マーク・ジョンソン、ピーター・アースキンとの“ジョン・アバークロンビー・トリオ”等、いくつものユニットを結成。画期的だったファースト・アルバム『Timeless』(1974年)以来、ECMでリーダー作を作り続けていました。