HOME > ニュース >

ぴあ、収容1万人規模の大型音楽アリーナを横浜・みなとみらい地区に2020年春開設

2017/07/20 16:06掲載(Last Update:2017/07/20 16:07)
ぴあ 新アリーナ【完成予想イメージ】※あくまで完成イメージであり、大幅な変更の可能性もあります
ぴあ 新アリーナ【完成予想イメージ】※あくまで完成イメージであり、大幅な変更の可能性もあります
ぴあが、収容1万人規模の大型音楽アリーナを横浜・みなとみらい地区に2020年春に開設することを発表。「首都圏における、大型ホール・会場不足問題の解決の一助となることを目指して」と説明しています。

以下、プレスリリースより

ぴあ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:矢内廣、以下ぴあ)は、三菱地所株式会社(本社:東京都千代田区、執行役社長:吉田淳一)が所有する、神奈川県横浜市西区みなとみらい(38 街区)の土地を借り受け、収容客数 1 万人規模の大型コンサートアリーナを建設し、ホール・劇場の運営事業に本格的に着手することを決定しました。アリーナの開業は 2020 年春を予定しています。

当社「ぴあ総研」の調査によれば、音楽ライブ・エンタテインメント市場規模はこの5年で約2倍に成長していますが、その一方で、東京五輪を控えてホール・会場不足が社会問題化し、その需要を支えきれない状況が生じています。ぴあでは、こうした業界の懸案に向き合い、今回のアリーナ建設をはじめ、社業を通じた社会的課題の解決に貢献してまいりたい考えです。

一方、民間企業の単独主導による 1 万人規模のアリーナ建設と運営は、国内でも初めての事例となります。民間ならではの視点から音楽業界のニーズを丁寧にくみ取り、コンサートを観る側と演じる側の双方にとって、その環境や使い勝手を最適化した、新しいタイプの音楽アリーナの実現を目指します。運営・管理はぴあが担い、周辺の様々な集客施設、エンタテインメント関連企業、横浜市とも連携し、横浜みなとみらい地区のさらなる活性化にも貢献したいと考えています。

2017 年に創業 45 周年、上場 15 周年を迎えた当社の新たな一歩として本事業を推進し、今後も当社のノウハウや経験を活かし、社会的課題の解決による企業価値の向上に尽力してまいります。

<新アリーナの概要>
建設予定地:神奈川県横浜市西区みなとみらい 3-2(38 街区)
(みなとみらい線「みなとみらい」駅徒歩 7 分、JR「桜木町」駅徒歩 9 分)
敷地面積:12,000 ㎡
建物規模:地下 1 階 地上 4 階
収容客数:約 10,000 人(着席時)
開業時期:2020 年春(予定)
設計・監理:佐藤工業株式会社一級建築士事務所・株式会社[とお]一級建築士事務所
施工:佐藤工業株式会社

【施設概要詳細】
計画地 :神奈川県横浜市西区みなとみらい 3-2(38 街区)
都市計画 :商業地域、建蔽率 80%、容積率 800%、防火地域
地区計画 :みなとみらい 21 中央地区 ビジネスゾーン B
景観区域 :みなとみらい 21 中央地区 みなとみらい大通り沿
道地区
建物用途 :アリーナ(興行場)、一部飲食店
収容客数 :約 10,000 人
敷地面積 :12,000 ㎡
延床面積 :約 21,000 ㎡ ※今後変更となる可能性があります
建築面積 :約 9,500 ㎡
階数 :地下 1 階 地上 4 階
建物高さ :約 32m
構造 :鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
着工時期 :2017 年 12 月(予定)
開業時期 :2020 年春(予定)
設計・監理 :佐藤工業株式会社一級建築士事務所・
株式会社[とお]一級建築士事務所
施工 :佐藤工業株式会社
初期投資費用:約 100 億円
利用用途 :音楽コンサートを中心としますが、 開催公演のジャンルは限定しません

◆新アリーナのアクセスMAP
※丸数字は街区番号です/青色はエンタメ系集客施設を含む建物を表しています