HOME > ニュース >

『別冊ele-king』シリーズの最新号は10周年を迎えた「初音ミク」

2017/07/09 23:54掲載
初音ミク (写真はクリプトン社 初音ミク 公式ツイッターより)
初音ミク (写真はクリプトン社 初音ミク 公式ツイッターより)
『別冊ele-king』シリーズの最新号は10周年を迎えた「初音ミク」。初音ミクの生みの親であるクリプトン佐々木渉全面協力のもとに実現した『別冊ele-king 初音ミク(仮) 』が8月29日発売予定。
■『別冊ele-king 初音ミク(仮) 』
佐々木渉 (監修)

※以下、インフォメーションより

2007年8月31日、クリプトン・フューチャー・メディアから発売された音声合成ソフトウェア「初音ミク」。付与されたキャラクターの魅力ともあいまって、発売直後からニコニコ動画にて火がつき、爆発的な普及をみせたことはよく知られている。それから10年――故・冨田勲をはじめ、いまやローレル・ヘイローからビッグ・ボーイまでがその虜となっている。

しかし、ではそもそも初音ミクはどういう文脈から登場してきたのか?
そしていま、初音ミク~VOCALOIDを取り巻く状況はどうなっているのか?

エレクトロニカ、ブレイクコア、ベース系、ラップ~ヒップホップ、ロック、Jポップ、……
ネット上に氾濫するさまざまなボカロ音源を整理したディスクガイド、
ボカロPへのインタヴュー、気鋭の執筆陣による論考・エッセイ――
初音ミクの生みの親であるクリプトン佐々木渉全面協力のもとに実現した空前絶後の大特集!

●表紙イラスト:PALOW
●未発表曲ダウンロード・コード付(予定)