HOME > ニュース >

デヴィッド・バーンの新ソロ・アルバムが来年早々、ブライアン・イーノとOneohtrix Point Neverが参加

2017/05/13 06:39掲載
David Byrne
David Byrne
デヴィッド・バーン(David Byrne)は現在、新ソロ・アルバムを制作中。 米国の掲示板Redditの人気コーナー「AMA(Ask Me Anything)」にバーンが登場し、新アルバムに関しての情報を提供しています。それによれば、新ソロ・アルバムにはブライアン・イーノ(Brian Eno)ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー(Oneohtrix Point Never)ことダニエル・ロパティンが参加しており、リリース時期は「来年早々」を計画しているとのこと。バーンは「ブライアン・イーノは私が今完成しているレコードで多くを助けてくれた」「先週、ダニエル・ロパティンが私を送ったトラック上にワードとメロディを書いてくれた」と説明しています。

バーンがスタジオ・アルバムをリリースするのはセイント・ヴィンセントとのコラボレーション・アルバム『Love This Giant』以来で、ブライアン・イーノとのコラボレーションは2008年のアルバム『Everything That Happens Will Happen Today』以来です。

なお、バーンは「AMA」で最近聞いている音楽としてDirty Projectors、Ryuichi Sakamoto (特に新作『async』)、Bon Iver、Lambchop、the Weeknd、Lorde、PJ Harvey、Sampha、Sinkaneを挙げています。