HOME > ニュース >

ケミカル・ブラザーズのトム・ローランズ ジョー・ライト演出の戯曲『ガリレイの生涯』の音楽を担当

2017/04/26 19:48掲載
Chemical Brothers
Chemical Brothers
ケミカル・ブラザーズ(The Chemical Brothers)トム・ローランズ(Tom Rowlands)が、5月よりロンドンで上演が始まる演劇の音楽を担当。演目は、ガリレオ・ガリレイの生涯を題材に科学と権力との問題を扱う、ベルトルト・ブレヒトの戯曲『ガリレイの生涯(英:Life of Galileo)』で、映画監督ジョー・ライトの演出で上演されます。ケミカル・ブラザーズはジョー・ライト監督の映画『ハンナ(原題:Hanna)』(2011年)の音楽を担当しており、それ以来のコラボレーションです。