HOME > ニュース >

天才作編曲家・大村雅朗の軌跡を総括した書籍が発売決定

2017/04/08 06:51掲載
大村雅朗の軌跡 1951-1997(仮)
大村雅朗の軌跡 1951-1997(仮)
若くして他界した天才作編曲家、大村雅朗の軌跡を総括した書籍『大村雅朗の軌跡 1951-1997(仮) 』がDU BOOKSから6月発売予定。
●『大村雅朗の軌跡 1951-1997(仮) 』
梶田昌史 (著), 田渕浩久 (著)

※以下、インフォメーションより

若くして他界した天才作編曲家、大村雅朗の軌跡を総括!
大村さんとゆかりのある方々にも多数ご協力いただいてます!
詳細解禁まで今しばらくお待ちください! !

<大村雅朗>
1951年生まれ、福岡県出身。九州でブラスバンドの編曲を行っていたところをヤマハのスタッフの薦めで上京を決意、本格的に編曲家としての活動を開始する。78年、八神純子の「みずいろの雨」の編曲を手がけたことでその名が知られるようになり、その後は稀代のヒットメーカーに躍進。中でも作曲・編曲を手がけた松田聖子の「SWEET MEMORIES」は後世に残る名曲として名高い。しかし1997年、肺不全のため46歳の若さで死去。日本のポップス界が大村雅朗という天才アレンジャーを失った代償は計り知れない。

[代表曲]
八神純子「みずいろの雨」「パープルタウン」、石川ひとみ「くるみ割り人形」、山口百恵「謝肉祭」、石野真子「思いっきりサンバ」、松田聖子「青い珊瑚礁」「チェリーブロッサム」「夏の扉」「SWEET MEMORIES」、河合奈保子「スマイル・フォー・ミー」「UNバランス」、渡辺徹「約束」、吉川晃司「モニカ」「サヨナラは八月のララバイ」、薬師丸ひろ子「メイン・テーマ」、岡田有希子「リトルプリンセス」、大沢誉志幸「そして僕は途方に暮れる」、南野陽子「恥ずかしすぎて」、原田知世「早春物語」「どうしてますか」、中山美穂「JINGI・愛してもらいます」「クローズ・アップ」、渡辺美里「My Revolution」「BELIEVE」、小泉今日子「水のルージュ」 他

<著者について>

☆梶田昌史(かじた・まさし)
1971年生まれ、東京都出身。小学生の時に聴いたYMOをきっかけにスタジオ・ミュージシャンに興味を持ち、ドラマー島村英二との出会いによって、中学生の頃から多くのプレイヤー、アレンジャーと親交を深める。80年代から担当ディレクターなどに自ら電話をかけ、参加ミュージシャンのリサーチ活動やスタジオ訪問、プレイヤー視点での楽曲研究を行っている。

☆田渕浩久(たぶち・ひろひさ)
1976年生まれ、兵庫県出身。大学卒業後に上京、リットーミュージック/ギター・マガジン編集部を経てフリーに。2014年、ディスクユニオン入社。DU BOOKS編集担当。