HOME > ニュース >

パブリック・イメージ・リミテッドのドキュメンタリー映画が<トライベッカ映画祭>でプレミアム上映決定

2017/03/13 20:13掲載
The Public Image is Rotten
The Public Image is Rotten
ジョン・ライドン(John Lydon)率いるパブリック・イメージ・リミテッド(Public Image Ltd)のドキュメンタリー映画『The Public Image is Rotten』が4月にニューヨークで行われる<トライベッカ映画祭(Tribeca Film Festival)>でプレミアム上映決定。

監督はTabbert Fiiller。映画では、ジョン・ライドンが数十年のキャリアを語り、また新旧バンド・メンバーや、ソニック・ユース(Sonic Youth)サーストン・ムーア(Thurston Moore)レッド・ホット・チリ・ペッパーズ(Red Hot Chili Peppers)フリー(Flea)ビースティ・ボーイズ(Beastie Boys)アドロック(Ad-Rock)ことアダム・ホロヴィッツ、モービー(Moby)らが、その補足と自身の見地を加えています。

今回の映画祭では、プレミア上映後にジョン・ライドンと監督のQ&Aセッションも行われる予定です