HOME > ニュース >

表紙&特集は「THE TIMERS〜不死身のタイマーズ」 『ROCK JET Vol.68』発売

2017/02/16 12:38掲載(Last Update:2017/02/16 15:57)
ROCK JET Vol.68
ROCK JET Vol.68
THE TIMERSが表紙&特集を飾る『ROCK JET Vol.68』がシンコ-ミュージックから2月22日発売。特集「THE TIMERS〜不死身のタイマーズ」では、最新メンバー・インタヴューと当時の貴重な写真&記事で、謎だらけだったバンドの姿やその舞台裏を明らかにします。
●『ROCK JET Vol.68』
A5判/208頁/本体価格1,200円+税/2月22日発売
ISBN:978-4-401-64422-3

■表紙&特集はTHE TIMERS〜不死身のタイマーズ
スペシャル・エディション発売で再び注目を集めるTHE TIMERS、最新メンバー・インタヴューと当時の貴重な写真&記事で、謎だらけだったバンドの姿やその舞台裏を明らかにする!
・杉山章二丸(ボビー:ドラマー)「とにかく、タイマーズを感じてもらいたいですね。タイマーズの楽曲に込められているものを感じてもらいたいです」
・川上剛(パー:ベーシスト)「ボスの言葉は本当にすごかった。マスコミに対して決して媚びなかったし。自分の信念を貫いていた。ボスといっしょにいられたことが幸せでしたね。とっても濃い時間をボスと共に過ごせて嬉しかったです」
・三宅伸治(トッピ:ギタリスト)「“デイ・ドリーム・ビリーバー〜DAY DREAM BELIEVER 〜”も、あの時代にボスが感じたことを歌った曲なんです。それをいっしょに演奏できて、いっしょにレコーディングできて、それが今も流れているということは、やっぱり、章二や剛君や僕の自慢ですよね」
◎『SHOUT!』(1989 年11月号)より再録
 タイマーズ(ゼリー、トッピ、ボビー、パー)・インタヴュー
 THE TIMERS |日本語とロックの長いつきあい/インタヴュー・文=田家秀樹
 THE DOCUMENT 〜 TIMERS ON CAMPUS/田家秀樹
 ──タイマーズとはどんなバンドだったのか/田家秀樹
◎高橋ROCK ME BABYインタヴュー「いかにタイマーズを宣伝するか」
★次号『Vol.69』(4月発売)では5月2日の命日に合わせて、忌野清志郎特集の予定!
■祝!デビュー45周年 谷山浩子 インタヴュー
 「ビートルズの“フォー・ノー・ワン”を聴いた時には、これは私が作りたかったなあ、と思いましたね」