HOME > ニュース >

ザ・リプレイスメンツ トミー・スティンソン率いるBash and Pop、24年ぶりの新アルバムから「Never Wanted To Know」が試聴可

2017/01/05 05:03掲載
Bash and Pop / Anything Could Happen
Bash and Pop / Anything Could Happen
ザ・リプレイスメンツ(The Replacements)のベーシスト、トミー・スティンソン(Tommy Stinson)が90年代初期に組んでいたバンド、Bash and Popが再始動。新曲「Never Wanted To Know」が試聴可。この曲は新アルバム『Anything Could Happen』に収録。



『Anything Could Happen』は、1993年にリリースした1stアルバム『Friday Night Is Killing Me』以来となる24年ぶりのアルバム。海外で1月20日発売。リリース元はFat Possum。

以下は以前に公開された映像

「On The Rocks」のミュージックビデオ
Bash and Pop:

Tommy Stinson
Chip Roberts (one-400’s)
Steve Selvidge (The Hold Steady)
Luther Dickinson (North Mississippi All-Stars, The Word)
Frank Ferrer (Guns N’ Roses)
Joe “The Kid” Sirois (The Mighty Mighty Bosstones)
Cat Popper (Jack White, Ryan Adams & The Cardinals)
Justin “Carl” Perkins (Screeching Weasel)
Tony “Tone Tone” Kieraldo
Ryder Cooley

●『Anything Could Happen』

1. Not This Time
2. On The Rocks
3. Anything Could Happen
4. Breathing Room
5. Anybody Else
6. Can’t Be Bothered
7. Bad News
8. Never Wanted To Know
9. Anytime Soon
10. Unfuck You
11. Jesus Loves You
12. Shortcut