HOME > ニュース >

ジェイソン・ピアース スピリチュアライズドの次回作がラスト・アルバムになると示唆、スペースメン3の再結成を断っていたことも明かす

2016/11/08 04:06掲載
Jason Pierce
Jason Pierce
スピリチュアライズド(Spiritualized)の中心人物であるジェイソン・ピアース(Jason Pierce)が英国の新聞インデペンデントの取材に応じ、2017年にリリースを予定しているスピリチュアライズドの新アルバムが自身にとって最後のアルバムになるかもしれないとインタビューで明らかにしています。

ジェイソンは今年9月に行われたインタビューで、スピリチュアライズドの新アルバムを2017年にリリースすることを明らかにしていました。彼は近年、肺炎や肝臓病を患うなど体調面が優れていないようですが、今回のインタビューでは健康上の問題には触れておらず、これまで多くのアイデアを試してきた自分にとって今後も続ける価値のあるクリエイティブなことが果たしてあるのだろうか、ということが理由のようです。

また、同紙のインタビューでは、ジェイソンが、スピリチュアライズド結成以前に組んでいたスペースメン3(Spacemen 3)の再結成を200万ポンド(約2億6000万円)で打診されて断っていたことも明らかにしています。