HOME > ニュース >

ノエル・ギャラガー、映画『トレインスポッティング』を鉄道オタクの映画だと勘違いしてサントラ参加を断る

2016/10/19 14:19掲載
Trainspotting (Original Motion Picture Soundtrack)
Trainspotting (Original Motion Picture Soundtrack)
ノエル・ギャラガー(Noel Gallagher)はかつて、映画『トレインスポッティング』を鉄道オタクの映画だと勘違いしていたため、サウンドトラック参加の打診を断ったようです。

エジンバラ・イブニング・ニュースによれば、『トレインスポッティング』のプロデューサーであるアンドリュー・マクドナルドと衣装デザイナーのレイチェル・フレミングが最近行ったQ&Aセッションにて、オアシス(Oasis)がサウンドトラックに参加していない理由について説明。

レイチェルは「数週間前に会った時、彼は私にこう言ったの。“何かしたかったんだけど、正直に言うと、鉄道オタク達(train spotters)についての映画だと思っていたんだ。知らなかったのさ”と。実際に彼がこう言ったのよ」と述べています。

また同じQ&Aセッションでは、映画に「Perfect Day」を提供したルー・リードが、『トレインスポッティング』を好きになることはなかったことも明らかにされています。

なお、サウンドトラック・アルバムは海外で11月11日に再発されます。CD版に加え、長らく生産されていなかったアナログレコードも発売されます