HOME > ニュース >

アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンのブリクサ・バーゲルト&テオ・テアルド 来日公演が10月に決定

2016/08/02 17:14掲載
TEHO TEARDO & BLIXA BARGELD
TEHO TEARDO & BLIXA BARGELD
ドイツのインダストリアル・ミュージック/ノイズ・ミュージックの代表的存在、アインシュテュルツェンデ・ノイバウテン(Einsturzende Neubauten)のフロントマンであるブリクサ・バーゲルト(Blixa Bargeld)と、イタリア人作曲家テオ・テアルドによるデュオの来日公演が10月に決定。1日(土)に東京・Daikanyama UNITにて行われます。

<TEHO TEARDO & BLIXA BARGELD APAN TOUR 2016>

●東京 2016/10/1 (Sat) Daikanyama UNIT
OPEN 17:00 START 18:00
スタンディング 前売り:¥6000
ドリンク代別

[お問い合わせ]s
SMASH 03-3444-6751

チケット前売り
2016/08/20 (Sat) 10:00〜

詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
http://smash-jpn.com/live/?id=2555

テオ・テアルトとブリクサ・バーゲルトが
最初の曲 ?Still Smiling“ を2013年に発表してから3年、
今年新しいアルバム?Nerissimo“がリリースされ、二人が再びが戻ってきた!

ブリクサ・バーゲルト(アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンのリーダー)とイタリア人作曲家テオ・テアルドは演劇作品 ?Ingiuria“ で出会い、二人のコラボレーションが始まった。まずは 「A quiet life」のサウンドトラックを制作。その曲をきっかけとして、実験的な作品を集めたアルバムを共同で制作、リリースすることとになった。チェロ、ヴァイオリン、ギターという編成の弦楽四重奏団を加えて、さらにエレクトロサウンドによって拡張したその音楽は、新しいエモーショナルな世界へといざなってくれる。