HOME > ニュース >

【追悼バーニー・ウォーレル】 ウォーレルの歴史に残る名パフォーマンスを米ビルボード誌が厳選

2016/06/26 00:31掲載
Bernie Worrell
Bernie Worrell
ファンカデリック(Funkadelic)パーラメント(Parliament)に参加したPファンク主要メンバーのひとりで、トーキング・ヘッズ(Talking Heads)での活躍でも知られたキーボード奏者のバーニー・ウォーレル(Bernie Worrell)。訃報を受け、米ビルボード誌のサイトでは追悼企画としてバーニー・ウォレルのキャリアの中で歴史に残る名パフォーマンスを厳選。10曲をセレクトしています。

Funkadelic, “A Joyful Process” (America Eats Its Young, 1972):


Funkadelic, “Cosmic Slop” (Cosmic Slop, 1973):


Funkadelic, “Atmosphere” (Let’s Take It to the Stage, 1975):


Parliament, “Flash Light” (Funkentelechy Vs. the Placebo Syndrome, 1977):


Funkadelic, “(Not Just) Knee Deep” (Uncle Jam Wants You, 1979):


George Clinton, “Atomic Dog” (Computer Games, 1982):


Stephanie Mills, “You Can’t Run From My Love” (Tantalizingly Hot, 1982):


Mtume, “Juicy Fruit” (Juicy Fruit, 1983):


Talking Heads, “Girlfriend Is Better (Live)" (Stop Making Sense, 1984):


Bernie Worrell, “Dissinfodollars” (Blacktronic Science, 1993):


詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
http://www.billboard.com/articles/news/7416554/bernie-worrell-best-moments