HOME > ニュース >

ジェフ・ベックの新曲「Live In The Dark」が試聴可

2016/06/08 23:41掲載(Last Update:2016/06/11 05:34)
Jeff Beck / Loud Hailer
Jeff Beck / Loud Hailer
ジェフ・ベック(Jeff Beck)の新曲「Live In The Dark」が試聴可。この曲は新アルバム『Loud Hailer』に収録



アルバムは7月15日に全世界同時発売。リリース元はAtco Records/Rhino Entertainment。日本盤初回プレス分のみ、最新フォトカードセット(12枚組)封入予定。

スタジオアルバムの発表は2010年の『Emotion & Commotion』以来、6年ぶり。プロデュースはジェフ・ベックとフィリッポ・シマッティ。アルバムは全11曲入りで、そのうち9曲を女性ヴォーカリストのロージー・ボーンズが歌唱、残りの2曲はインストゥルメンタル曲です。レコーディングにはジェフ・ベック、シンガーのロージー・ボーンズ(Rosie Bones)、ギタリストのカーメン・ヴァンデンバーグ(Carmen Vandenberg)、ドラマーのダヴィデ・ソラッツィ(Davide Sollazzi)、ベーシストのジョヴァンニ・パロッティ(Giovanni Pallotti)が参加しています。

以下、インフォメーションより

『ラウド・ヘイラー』と題された、最新作は なんと、新たに女性ヴォーカリストを迎えた新境地!全編に展開するジェフ・ベックの比類なきギター・ワークと、全ては愛の力(パワー・オブ・ラヴ)から導きだされる、という強力な声明をコンセプトとするリアルな歌詞が合体した作品となり、シンガーにロージー・ボーンズ、ギタリストにカーメン・ヴァンデンバーグというまったく新たに女性2人を迎えて制作された作品です。

『ラウド・ヘイラー』とは、大声での呼びかけという意味で、「今、世界で起こっている、不快な事を目にした時に声明を発表したいと思ったんだ。そして集会で使うメガホンが、大声で伝えたい自分の考えを表現するのにフィットすると思った。」と語るジェフ・ベックの現在の心境を綴った内容となっています。
●『Loud Hailer』

1. The Revolution Will Be Televised
2. Live In The Park
3. Pull It
4. Thugs Club
5. Scared For The Children
6. Right Now
7. Shame
8. Edna
9. The Ballad Of The Jersey Wives
10. O.I.L. (Can't Get Enough Of That Sticky)
11. Shrine