HOME > ニュース >

ジョニー・ウィンターのドキュメンタリー『Down & Dirty』から来日時の映像が公開、レイ・チャールズを歌うカラオケ映像も

2016/03/12 23:50掲載
Johnny Winter: Down & Dirty
Johnny Winter: Down & Dirty
ジョニー・ウィンター(Johnny Winter)の晩年に密着したドキュメンタリー『Down & Dirty』。来日時の様子が観れる本編映像の一部が公開。ジョニー・ウィンターがレイ・チャールズ楽曲を歌うカラオケも観れます



この作品のDVDは日本でもソニーレコーズ・インターナショナルから4月27日に発売予定。日本語字幕付き。海外盤は3月4日発売。

監督はモーターヘッドのレミー・キルミスターのドキュメンタリー『極悪レミー』を手がけたグレッグ・オリヴァー。本ドキュメンタリーで監督のグレッグは2014年に亡くなったジョニー・ウィンターの最後の2年間に密着、生前最後のスタジオ・アルバムとなった『Step Back』の制作現場やワールド・ツアーにも同行してウィンターの素顔に迫っています。

映像では本人はもちろん、エドガー・ウィンター(Edgar Winter)ビリー・ギボンズ(Billy Gibbons)ジョー・ペリー(Joe Perry)ウォーレン・ヘインズ(Warren Haynes)スーザン・テデスキ(Susan Tedeschi)デレク・トラックス(Derek Trucks)、クライヴ・デイヴィス、ジェイムズ・コットン(JAMES COTTON)、ネリー・ラッチャーらがジョニーのキャリアについて証言。またライヴ・シーンもふんだんに盛り込まれており、日本でのライヴの様子も収められています。さらにDVD化にあたり特典映像も追加収録されます。

以下は以前に公開された映像

DVD収録のボーナス映像。「Murdering Blues」の実演とインタビューをフィーチャーした約6分の映像


トレーラー映像
●『Down & Dirty』

[収録内容]
・Death Letter Music Video
・France Soundcheck
・Guitar Demo
・Hagiography
・Johnny and Edgar
・Johnny’s OCD
・Luther Nallie – Johnny’s Guitar Teacher
・Memphis Blues Award
・The Muddy Sessions
・Sirius Radio with Bill Wax
・The Firebird

本編:86分/特典映像:67分