HOME > ニュース >

東京のレコード店/レコ屋の歴史を追ったドキュメンタリー本『東京レコ屋ヒストリー』が発売

2016/03/01 18:45掲載(Last Update:2016/03/09 12:59)
東京レコ屋ヒストリー
東京レコ屋ヒストリー
最古の輸入レコード店から21世紀のネット通販まで、東京の音楽文化を担ったレコード店(=レコ屋)の歴史をつぶさに追ったドキュメンタリー本『東京レコ屋ヒストリー』がシンコーミュージックから3月末発売予定。

2014年に刊行された『渋谷系』の著者・若杉実が、そこで掘り下げた渋谷のレコード文化からさらに視野を広げて、戦前(1930年代)からの東京のレコ屋の歴史を、当事者や関係者への取材、各種文献の確認などを踏まえて総括する一冊。
●『東京レコ屋ヒストリー』
若杉実 著/四六判/304頁予定/本体1,800円+税/3月31日発売
ISBN:978-4-401-64274-8

■第一章 レコ屋文化を支えた輸入盤
■第二章 下町のレコ屋
■第三章 最初のレコ屋街
■第四章 ヤマハ帝国
■第五章 レコ屋戦国時代
■第六章 死闘! レコ屋村
■第七章 オンライン時代