HOME > ニュース >

ガンダムが落語に、落語家・立川志らくによる「らすとしゅーてぃんぐ」が2/28公開、お披露目イベントも決定

2016/02/22 23:51掲載
ガンダム落語「らすとしゅーてぃんぐ」
ガンダム落語「らすとしゅーてぃんぐ」
ガンダムが落語に。立川流真打の落語家・立川志らくが「ガンダム」の世界観を解釈・再構築した落語「らすとしゅーてぃんぐ」が、2月28日に動画で公開されます。

古典落語から洋画を元にしたシネマ落語まで、幅広く活躍する立川志らくの「らすとしゅーてぃんぐ」とは…?宇宙世紀が江戸時代に?アムロは?シャアは?

また動画の公開を記念して、立川志らくが登壇して「らすとしゅーてぃんぐ」をお披露目するイベントが、2月28日(日)に東京・ベルサール秋葉原にて開催されます。当日は前座として、立川志らくによる「パチンコ落語」も同時にお披露目される予定です。

<ガンダム落語「らすとしゅーてぃんぐ」お披露目イベント
(SANKYO フィーバー 機動戦士ガンダム ‐LAST SHOOTING‐先行試打会にて)>

【日時】
2016年2月28日(日)

【開演時間】
1回目 … 13:00〜
2回目 … 14:30〜

【場所】
ベルサール秋葉原2F ホールA
(東京都千代田区外神田3-12-8 住友不動産秋葉原ビル)

【出演】
立川志らく、立川志らら

【入場料】
無料

※各公演の開演1時間半前から整理券を配布いたします。
※当日は先着順の入場となります。

☆立川志らく師匠プロフィール

1963年東京都生まれ。落語立川流真打。
1985年日本大学芸術学部卒業目前に立川談志に入門、
1988年二つ目昇進、1995年真打昇進。
弟子20人を超える大所帯。
スピード感あふれる鋭い口調で現代を語る古典落語、また洋画を落語にした独自のシネマ落語(作品は70本以上)も話題。
映画監督(日本映画監督協会所属)、映画評論家、劇団主宰と多彩に活動、絵画、昭和歌謡にも造形が深い。

詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
http://www.gundam.info/topic/14982