HOME > ニュース >

ウォルター・トラウト参加、Supersonic Blues Machineの新曲「Can't Take It No More」が試聴可

2016/02/03 16:39掲載
Supersonic Blues Machine / West Of Flushing South Of Frisco
Supersonic Blues Machine / West Of Flushing South Of Frisco
ZZトップ(ZZ Top)ビリー・ギボンズ(Billy Gibbons)ウォーレン・ヘインズ(Warren Haynes)ロベン・フォード(Robben Ford)エリック・ゲイルズ(Eric Gales)ウォルター・トラウト(Walter Trout)らがフィーチャリング参加したブルース系バンド、Supersonic Blues Machineのデビュー・アルバム『West Of Flushing South Of Frisco』。ウォルター・トラウトが参加した新曲「Can't Take It No More」が試聴可。



アルバムは海外で2月26日発売。リリース元はMascot Label Group。

Supersonic Blues Machineは、テキサス州ダラスを拠点に活動するギタリストのランス・ロペス(Lance Lopez)を中心に、ベース/ヴォーカルのFabrizio Grossi、ドラムのKenny Aronoffをコア・メンバーに迎えて結成。

アルバムは全13曲入りで、楽曲毎に様々なゲストを迎えています

以下は以前に公開された音源・映像

「The Remedy (feat. Warren Haynes)」のリリックビデオ


「Running Whiskey (feat. Billy F. Gibbons) 」


「I Ain’t Fallin’ Again」


アルバム・トレーラー
●『West Of Flushing South Of Frisco』

1. Miracle Man
2. I Ain’t Fallin’ Again
3. Running Whiskey (feat. Billy F. Gibbons)
4. Remedy (feat. Warren Haynes)
5. Bone Bucket Blues
6. Let It Be
7. That’s My Way (feat. Chris Duarte)
8. Ain’t No Love (In The Heart Of The City)
9. Nightmares And Dreams (feat. Eric Gales)
10. Can’t Take It No More (feat. Walter Trout)
11. Whiskey Time (Running Whiskey’s extended ending)
12. Let’s Call It A Day (feat. Robben Ford)
13. Watchagonnado