HOME > ニュース >

ピンク・フロイド『Wish You Were Here』のシンフォニック・リワーク・アルバム、サンプラーが公開

2016/01/21 03:06掲載
London Orion Orchestra / Pink Floyd's Wish You Were Here Symphonic
London Orion Orchestra / Pink Floyd's Wish You Were Here Symphonic
ピンク・フロイド(Pink Floyd)『Wish You Were Here (邦題:炎〜あなたがここにいてほしい)』の発売40周年を記念したシンフォニック・リワーク・アルバム『Pink Floyd's Wish You Were Here Symphonic』。アルバム・サンプラーが公開。収録曲をダイジェスト試聴できます。発売は海外で2月5日。



レコーディングはオリジナルと同じくアビー・ロード・スタジオで行われており、ロック側からはアリス・クーパー(Alice Cooper)リック・ウェイクマン(Rick Wakeman)、そしてフロイドのトリビュート・バンドAustralian Pink Floyd Showのメンバーらが参加。演奏はロンドン・オリオン・オーケストラで、指揮とアレンジはピーター・スコールズが担当しています

以下は以前に公開された映像・音源

「Welcome To The Machine」


ティーザー映像




●『Pink Floyd's Wish You Were Here Symphonic』

1. Wish You Were Here
2. The Orchestra Tunes
3. Shine On You Crazy Diamond (Parts I V)
4. Welcome to the Machine
5. Have a Cigar
6. Wish You Were Here
7. Shine On You Crazy Diamond (Parts VI IX)
8. Eclipse (from the upcoming symphonic Dark Side Of The Moon)