HOME > ニュース >

N.W.A.の知られざる真実の物語を描いた映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』 極上音響上映が決定

2016/01/05 00:34掲載
Straight Outta Compton
Straight Outta Compton
ヒップホップグループN.W.A.の知られざる真実の物語を描いた映画『ストレイト・アウタ・コンプトン(Straight Outta Compton)』。極上音響上映が決定。2月6日(土)から立川シネマシティにて行われます。

立川シネマシティのサウンドシステムには、映画館ではごく稀な音響調整卓が組み込まれており、他館では出来ない細やかな調整が可能。ベテラン音響家が綿密且つ徹底的にその調整を手掛けることで、コンテンツが持つ魅力を最大限に引き出すことができます。

●『ストレイト・アウタ・コンプトン』【極上音響上映】

※【極上音響上映】
本作に最適な音響に、ベテラン音響家が綿密に音響調整を行って上映するシネマシティ独自のスタイル。音楽モノには自信あり。

内容:『ストレイト・アウタ・コンプトン』を本作に最適な音に音響家が調整して上映
日時:2016年2月6日(土)から連日上映
料金:通常料金(各種割引適用)
チケット:通常スケジュールで予約/販売 ※シネマシティズン鑑賞日4日前/一般3日前から受付開始

詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
http://cinemacity.co.jp/wp/ccnews/soc_goku-on/


以下は以前に公開された映像



●『ストレイト・アウタ・コンプトン

1986年、アメリカの最も危険な街コンプトンで暴力的なほどにストレートなリリックをハードコアなビートにのせ、日常に感じるフラストレーションと怒りを吐き出していた5人の若者たち。彼らにとって音楽と才能は最大の武器だったー。リリック、プライド、虚勢、そして才能という武器で戦う反逆者たちが、自分たちを抑圧する権力者たちに立ち向かい、世界で最も危険なグループといわれたN.W.A.を結成するに至った真実の物語を描いた作品。誰も声をあげることのなかった真実と、スラム街での日常を赤裸々に語った彼らの叫びは社会現象を巻き起こし、今なお多くのアーティストらに影響を与え続けている。

[出演者]
オシェア・ジャクソン・Jr、コーリー・ホーキンス、ジェイソン・ミッチェル、ポール・ジアマッティほか

[監督]
F・ゲイリー・グレイ

[脚本]
ジョナサン・ハーマン、アンドレア・ベルロフ

[プロデューサー]
ドクター・ドレー、アイス・キューブ

(c)2015 UNIVERSAL STUDIOS