HOME > ニュース >

ブライアン・イーノの70年代をテーマにしたドキュメンタリー『The Man Who Fell to Earth 1971 - 1977』 本編映像2時間半がネットで公開中

2015/12/31 18:20掲載
Brian Eno 1971-1977: The Man Who Fell to Earth
Brian Eno 1971-1977: The Man Who Fell to Earth
ブライアン・イーノ(Brian Eno)の70年代をテーマにしたドキュメンタリー『Brian Eno: The Man Who Fell to Earth 1971 - 1977』。本編映像約2時間半が、ドキュメンタリーやインディペンデント映画を提供しているウェブサイトSnagFilmsにて公開中。

本作は、ロキシー・ミュージック(Roxy Music)への加入と脱退、そしてアンビエントへと移行する、71年〜77年の活動をテーマにした作品で、ライヴ・パフォーマンスやスタジオ映像といったアーカイブ映像と、幅広いジャンルのミュージシャンらのインタビューほかで構成されています。

この作品はDVDとして2011年にリリースされています