HOME > ニュース >

スティーヴ・ヴァイ、ビリー・シーン、グレッグ・ビソネットによるデヴィッド・リー・ロス『Eat 'Em and Smile』30周年記念ライヴがキャパオーバーのためキャンセルに

2015/11/27 00:52掲載(Last Update:2015/11/27 13:06)
David Lee Roth / Eat 'Em And Smile
David Lee Roth / Eat 'Em And Smile
スティーヴ・ヴァイ(Steve Vai)ビリー・シーン(Billy Sheehan)グレッグ・ビソネット(Gregg Bissonette)が再集結する予定であったデヴィッド・リー・ロス(David Lee Roth)『Eat 'Em and Smile』の30周年ライヴがキャパオーバーのため開催間際になってキャンセルに。ビリー・シーンのFacebookページなどによれば、あまりに多くのファンがチケットを求めて訪れたため、会場の外には長蛇の行列ができ、とても制御できる状態ではなくなったため、安全面を考慮してキャンセルになったようです。当日会場には警察や消防も駆けつけています。

このコンサートは、ハリウッドのライヴハウスLucky Strike Liveが毎週水曜日に行っているライヴ・シリーズ<Ultimate Jam Night>の新作として行われるはずでした。

この3人が再集結して一緒にパフォーマンスを行うのは30年ぶりでした。また当日はゲスト・ヴォーカルとしてスティール・パンサー(Steel Panther)のシンガーであるマイケル・スターが参加する予定でした。

会場には、デヴィッド・リー・ロスも訪れていたようで、会場の外でファンからのサインに応じる映像がアップされています。事前にアナウンスはされていませんでしたが、もしコンサートが開催されていれば、デイヴがサプライズで登場したのかもしれませんね。





以下は当日の会場外で撮影されたという映像





Heading home. I wish we could have played tonight. Fire Marshall shut the club down. Too many people.

Posted by Billy Sheehan on 2015年11月26日


Well well well. The fire department shut down the whole show before we got on stage. And did we ever have a surprise for you! Such is life.

Posted by Billy Sheehan on 2015年11月25日