HOME > ニュース >

ガンマ・レイに新ヴォーカルが加入、カイ・ハンセンとの2人リード・ヴォーカル体制へ

2015/11/01 00:26掲載(Last Update:2015/11/01 16:33)
GAMMA RAY
GAMMA RAY
カイ・ハンセン(Kai Hansen)率いるガンマ・レイ(Gamma Ray)に新ヴォーカル、フランク・ベック(Frank Beck)が加入。カイとともにリード・ヴォーカルを務めるようで、バンドは今後、2人リード・ヴォーカル体制で活動を行います。これはバンドのFacebookページにて発表されたもの。加入の理由には、カイの負担を減らす目的もあるようです

NEWS FROM THE GAMMARAY CAMP:The band has decided to further on work with two singers for several good reasons.So...

Posted by GAMMA RAY (Official) on 2015年10月31日


以下、Victor Rocksではフランクを迎え入れた理由を日本語訳しています

フランクを迎え入れた理由として、GAMMA RAYにフィットする素晴らしいシンガーとしてだけでなく、バンドの期待に応えるだけのナイスガイであり、パーティもすることができるということ。
また、長期ツアーにおいて、疲労からカイが喉を悪くし、100%でツアーを終えることができない傾向にあったため、ヴォーカル・パートをフランクと分け合うことにより、カイの負担を軽減することが2つ目の理由です。
3つ目の理由は、フランクがヴォーカルをとっている間、カイがステージ上で自由に動き回ることができるようになり、ライヴ・パフォーマンスを充実させられるということ。

GAMMA RAYが、リード・シンガーとしてフランク・ベックを迎え入れ、カイ・ハンセンとのツイン・ヴォーカル体制で活動を続けていくことを発表しました。つまり、久しぶりに5人編成になるということですね。フランクを迎え入れた理由として、...

Posted by Victor Rocks on 2015年10月31日