HOME > ニュース >

エイドリアン・シャーウッドのアーカイブ盤からマーク・スチュワート&ザ・マフィア「Learning To Cope With Cowardice (flexi version)」が試聴可

2015/04/01 00:06掲載
Adrian Sherwood / Sherwood At The Controls - Volume 1 : 1979 - 1984
Adrian Sherwood / Sherwood At The Controls - Volume 1 : 1979 - 1984
エイドリアン・シャーウッド(Adrian Sherwood)のアーカイブ・アルバム・シリーズの第1弾としてリリースされる『Sherwood At The Controls - Volume 1 : 1979 - 1984』。本作からシャーウッドが手がけたマーク・スチュワート&ザ・マフィアの音源「Learning To Cope With Cowardice (flexi version)」が試聴可。80年初期録音。発売は日本で3月25日、海外で4月6日。日本盤にはボーナス・トラック1曲を追加。リリース元は海外はOn-U Sound、日本はBEATINK。

以下のURLのページで聴けます
http://www.thewire.co.uk/audio/tracks/listen_exclusive-adrien-sherwood-remix-of-mark-stewart-and-the-maffia

今回のシリーズはシャーウッドの多岐にわたる意匠をまとめたもので、その第一弾となる本作には1979年から1984年にかけてのトラックを収録。レーベルを跨いだ形でのアーカイブ集としてはこれが初めてで、シャーウッドが手がけたマキシマム・ジョイ、マーク・スチュワート&ザ・マフィア、ザ・フォール、ザ・スリッツ、アフリカン・ヘッド・チャージなどをセレクト。2曲の未公開音源、6曲の初リイシュー音源も含んだ全14曲を収めます(日本盤は全15曲)

以下は以前に公開された映像

Prince Far Iの「Nuclear Weapon」


トレーラー映像
●『Sherwood At The Controls - Volume 1 : 1979 - 1984』

01. Medium Medium – Hungry, So Angry (1981)
02. Maximum Joy – Let It Take You There (1982)
03. Nadjma – Some Day My Caliph Will Come (1984)
04. Mark Stewart + The Maffia – Learning To Cope With Cowardice (Flexi Version) (1983)
05. The Fall – Middle Mass (1981)
06. Gardening By Moonlight – Strange Clues (1983)
07. Shriekback – Mistah Linn He Dead (1984)
08. Voice Of Authority ft. Congo Ashanti Roy – Running (Feeling Wild) (1984)
09. The Slits – Man Next Door (1979)
10. Annie Anxiety (aka Little Annie) – Third Gear Kills (1984)
11. Prince Far I – Nuclear Weapon (1983)
12. Singers & Players – Reaching The Bad Man (1981)
13. African Head Charge – In A Trap (1982)
14. Vivien Goldman – Private Armies Dub (1981)

15. Deadly Headley - Liberty City Dub (1983) *Bonus Track/s for Japan