HOME > ニュース >

元ハロウィンのマイケル・キスクを中心にしたプレイス・ヴァンドーム、4年ぶりの新作を発売

2013/08/27 09:31掲載
Michael Kiske
Michael Kiske
ハロウィン(Helloween)/現ユニソニック(Unisonic)マイケル・キスク(Michael Kiske)ピンク・クリーム69(Pink Cream 69)のデニス・ワードらと行うプロジェクト、プレイス・ヴァンドーム(PLACE VENDOME)。新作『Thunder In The Distance』が海外で11月5日、日本で10月23日発売。

スタジオ・アルバムの発表は2009年作『Streets Of Fire』以来、4年ぶり。通算3作目。

すべての楽曲でキスクはヴォーカルを担当。またプロデュース/ミックスはデニス・ワードが担当しています。作曲陣には

Magnus Karlsson (Primal Fear)
Timo Tolkki (ex Stratovarius)
Alessandro Del Vecchio (Hardline)
Tommy Denander (Radioactive)
Soren Kronqvist (Sunstorm, Issa)
Andrea Cantarelli (Labyrinth, A Perfect Day)

が参加。
●『Thunder In The Distance』

My Heart Is Dying
Fragile Ground
Break Out
Maybe Tomorrow
Power of Music
Lost in Paradise
Hold Your Love
It Can' Rain Forever
Thunder In The Distance
ほか