HOME > ニュース >

春分の日SPはデヴィッド・リー・ロスが語るヴァン・ヘイレン「ジャンプ」、BS-TBS『SONG TO SOUL〜永遠の一曲〜』

2013/03/07 21:38掲載
David Lee Roth
David Lee Roth
春分の日スペシャルはデヴィッド・リー・ロス(David Lee Roth)が語るヴァン・ヘイレン(Van Halen)「ジャンプ」。3月20日(水・祝)放送のBS-TBS『SONG TO SOUL〜永遠の一曲〜』は、ヴァン・ヘイレン「ジャンプ(デヴィッド・リー・ロスVer.)」を放送。

『SONG TO SOUL〜永遠の一曲〜』は、多くの人々の心に響き続けるソング(名曲)のルーツを辿りながら音楽を生み出したソウル(魂)と音楽に魅せられたソウル(魂)をつないでいく音楽番組。

番組では2012年夏にエディ・ヴァン・ヘイレン、アレックス・ヴァン・ヘイレン、そしてデヴィッド・リー・ロスがこの曲の誕生を語る回を放送しましたが、今回デヴィッド・リー・ロスを新たに取材。デイヴがさらに「ジャンプ」について語ります。


●BS-TBS『SONG TO SOUL〜永遠の一曲〜』
春分の日SP「ジャンプ」ヴァン・ヘイレン
3月20日(水)23:00〜放送

アルバム『1984』からのシングルカットで全米1位となり、Van Halenの名を、世代を超え世界中に広めた一曲「ジャンプ」。シンセサイザーを大胆に取り入れ、新しいサウンドにチャレンジした意欲作でもあった。作曲はエディ・ヴァン・ヘイレン。作詞はボーカルのデイヴィッド・リー・ロス。80年代を代表する一曲となった。
番組では2012年夏にエディ・ヴァン・ヘイレン、アレックス・ヴァン・ヘイレン、そしてデイヴィッド・リー・ロスがこの曲の誕生を語る回を放送したが、今回ボーカルのデイヴィッド・リー・ロスを新たに取材。デイヴがさらに「ジャンプ」について語る。

[出演]
デイヴィッド・リー・ロス(Vo)
エディ・ヴァン・ヘイレン(G)
アレックス・ヴァン・ヘイレン(D)
テッド・テンプルマン(プロデューサー)
ブラッド・トリンスキー(ライター)


http://w3.bs-tbs.co.jp/songtosoul/