HOME > ニュース >

SoundCloud ストリーミングしたアーティストだけに直接支払いを行う新しいロイヤリティシステムの導入を発表

2021/03/03 14:22掲載
SoundCloud
SoundCloud
音楽ストリーミングサービスのSoundCloudは、アーティスト・ファーストの新しいロイヤリティ・システムの導入を発表。他の大手ストリーミングプラットフォームで使用されている「比例配分」モデルではなく、ストリーミングしたアーティストだけに直接支払いを行う「Fan-powered(ファンによる)」ロイヤリティ・モデルを4月1日以降採用すると発表しています。

SoundCloudは声明の中で「従来のモデルでは、熱心なファンからのお金は巨大なマネープールに入れられ、総ストリーミングのシェアに基づいてアーティストに支払われていました」と述べ、これに対し、新しいSoundCloudのプログラムは「各リスナーのサブスクリプション料金や広告収入は、彼らが聴いているアーティストに分配されます」と説明。

SoundCloudの有料版/サブスクリプションサービスPro Unlimitedの加入者がストリーミングしたアーティストに直接お金が分配される仕組みで、他の誰にも支払いません。より多くのファンがSoundCloudを利用し、音楽を聴けば聴くほど、アーティストはより多くの収入を得ることができます。SoundCloudによると、これは熱心なファンを持つ新興のインディペンデント・アーティストに利益をもたらすという。

SoundCloudは「“Fan-powered”によるロイヤリティでは、リスナーから得たお金は、彼らが聴いているアーティストに直接支払われます」「この公平な支払いモデルは、業界全体のインディペンデント・アーティストが求めていたものであり、アーティスト・ファーストのプラットフォームとして、私たちはそれを展開する最初の音楽会社になることに興奮しています」と述べています。

詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
https://community.soundcloud.com/fanpoweredroyalties