HOME > ニュース >

ギブソン、メガデスのデイヴ・ムステインとのパートナーシップ契約を発表

2021/02/26 18:26掲載
Dave Mustaine
Dave Mustaine
ギブソンは、メガデス(Megadeth)の創設者でありリーダーでもあるギタリスト/ヴォーカリスト/ソングライターのデイヴ・ムステイン(Dave Mustaine)との新たなパートナーシップ契約を結び、ギブソンのブランド・アンバサダーに就任したことを発表しています。

以下インフォメーションより

新しいデイヴ・ムステイン・コレクションは、ギブソン、エピフォン、クレイマーのエレクトリック・ギターとアコースティック・ギターにてリリース予定です。

今後デイヴは、レジェンド・ミュージシャン、革新的な識者、新しい才能を持つ人々で構成されるギブソン・アーティスト・アライアンスに参加し、リーダーシップ、研究開発、次世代のプレイヤーの指導、育成、そして慈善活動などを共に行っていきます。デイヴ・ムステイン・コレクションのリリースに加え、デイヴはギブソン、エピフォン、クレイマーのオリジナル・コンテンツや特別プロジェクトにも登場する予定です。

デイヴ・ムステインは、こうコメントします。

「最初に買ったアルバムの一つがキッスの”Alive!(邦題 地獄の狂獣 キッス・ライヴ)”でした。そのLPの裏にはギブソンのロゴが入っていて、“キッスは、最高のものを求めているので、ギブソンのギターを使用しています“と記載してありました。それから何年も経った今でも同じファンであり、今では自分でギターを弾いたり、作曲したり、世界中で演奏していますが、この言葉には全く同感です。
そんな中、自分のギターを変えたいと思っていた時、(ギブソンのCMOの)セザールに会う機会があり、ギブソンのビジョンと方向性についての彼の考えを聞きました。私はその時、彼らの楽器への情熱、敬意、品質へのこだわりを感じ、そして何よりギタリストを第一に考える会社を目の当たりにしました。
私はようやくギブソン・ファミリーの一員になれたことを嬉しく思い、今後彼らと一緒に作り上げていけることを誇りに思っています。世界中の人が新しいギブソン、エピフォン、クレイマーのデイヴ・ムステイン・コレクションを手にするのが待ち遠しいです。これは私にとって夢のようなことです。」

ギブソンのCMO(Chief Merchant Officer)のセザール・グイキアンは、こうコメントします。

「音楽界のアイコンであり、パイオニアであり、先見的なミュージシャンであるデイヴ・ムステインをブランド・アンバサダーとしてギブソン・ファミリーに迎えることができて光栄です。デイヴは最も影響力のあるメタル・アイコンの一人であり、ハードロックとヘヴィーメタルの旗手として何世代にもわたって道を切り開いてきました。
彼は私のようにギター通で、ギブソン・ラボで彼と一緒にデザインしてきたコンセプトやアイデアの開発にあらゆる面で関わってくれるので、彼と一緒に仕事ができる事は大変感謝しています。
子供の頃にギターを習っていた私は、デイヴのリフを弾きたいと思っていましたし、1994年にアルゼンチンのブエノスアイレスにあるエスタディオ・オブラス・サニタリアスで行われたユースアネイジアのコンサートに参加した幸運なファンの一人でもありました。“Symphony of Destruction”の曲で有名なメガデス・コールが生まれたのもその時でしたね。本当にあの夜の出来事は一生忘れられません。
是非このパートナーシップを形にして、デイヴ・ムステイン・コレクションの第一弾を世界に披露できることを楽しみにしています。」

デイヴ・ムステインとギブソンのセザール・グイキアンとのインタビュー(英語)




現在開発中のデイヴ・ムステイン・コレクションのプロトタイプ(試作品)については以下のURLのページでご覧になれます。
https://gibson.jp/news-events/14905