HOME > ニュース >

ヘヴィメタルを聴くことは血圧を下げ、ストレスを軽減するのに役立つ 最新研究結果

2021/02/17 10:02掲載
Heavy Metal Fans
Heavy Metal Fans
ヘヴィメタルを聴くことは血圧を下げ、ストレスを軽減するのに役立つことが、最近の研究で明らかにされています。

この研究は、トルコのイスタンブールの美容整形外科ヴェラ・クリニックが実施したもので、18歳から65歳までの1,540人を対象に精神的ストレステストを実施しました。テスト中、参加者には様々なジャンルの音楽のプレイリストを聴いてもらい、研究者たちはその音楽に反応した生理学的反応(心拍数、血圧)を測定しています。

その結果、最も血圧を下げ、ストレスの軽減に最も成功したのは、80年代のポップスをミックスしたプレイリストで、参加者の96%の血圧を下げ、36%の心拍数を下げています。

この次に効果があったのはヘヴィメタルのプレイリストで、参加者の89%の血圧を下げ、18%の心拍数を下げています。

この結果について、ヴェラクリニックのOmer Avlanm医師は

「80年代のポップスのヒット曲は、多くの人にとってポジティブな懐かしさを持っている可能性があり、その陽気でパーティーのようなサウンドは、脳内のエンドルフィンとセロトニンの放出を誘発し、幸福感と落ち着きを高めることができるのです」

「怒っている音楽は、リスナーが自分の感情を処理するのに役立ち、結果として、より大きな幸福をもたらすことができます」

「この結果は一見驚くべきものに見えるかもしれませんが、医学的には非常に理にかなっています」

と述べています。

研究者たちは、この実験でメタルは参加者の11%の血圧を上昇させたことも発表。80年代のポップスでは参加者の4%の血圧を上昇させています。

また他のジャンルについて、テクノが最もリスナーを悪化させるようだと発表しています。テクノ・クラシックのプレイリストでは、参加者の78%が血圧を上昇させ、低下させたのは22%だけでした。70年代のロックアンセムも同様で、参加者の77%が血圧を上昇させ、低下したのは23%だけでした。