HOME > ニュース >

デッド・カン・ダンスのリサ・ジェラルド&ジュール・マクスウェル 新アルバム『Burn』を5月発売

2021/01/15 16:25掲載
Lisa Gerrard & Jules Maxwell
Lisa Gerrard & Jules Maxwell
デッド・カン・ダンス(Dead Can Dance)リサ・ジェラルド(Lisa Gerrard)とコラボレーターのジュール・マクスウェル(Jules Maxwell)は新アルバム『Burn』を海外で5月5日に発売します。リリース元は Atlantic Curve/Schubert Music Europe。

ジュールは、デッド・カン・ダンスにてキーボード演奏で貢献しています。

リサとジュールは、2015年にブルガリア国立放送合唱団(Le Mystere des Voix Bulgares/The Mystery Of The Bulgarian Voices)のために一緒に曲を書いていた頃からこのアルバムに取り組み始めています。

リサは「ジュールズ・マクスウェルとこのコラボレーションを共有できることをとても嬉しく思っています」「ジュールズと私はデッド・カン・ダンスからクリエイティブな旅を始めました。私たちは即興でつながることができ、音楽的な探求はこの作品で進化し続けています」とコメントしています。

ジュールズは「リサと僕がオーストラリアの彼女のスタジオでこのアルバムの制作を始めてから6年近く経ったとは信じられません。僕にとって刺激的な旅でした。ダリル・バモンテの励ましと創造的な意欲がなければ、このアルバムは今のような形で発展することはなかっただろうし、ついにAtlantic Curveからリリースされることにワクワクしています」と付け加えています。

アルバムは、MAPSことジェームス・チャップマン(James Chapman)がプロデュースを担当。