HOME > ニュース >

ガンズのアクセル・ローズ、骨折時に玉座を貸してくれたデイヴ・グロールに特別なものを贈っていた

2021/01/08 16:04掲載
Guns N’ Roses - 04/08 - Las Vegas, NV @ T-Mobile Arena
Guns N’ Roses - 04/08 - Las Vegas, NV @ T-Mobile Arena
ガンズ・アンド・ローゼズ(Guns N’ Roses)アクセル・ローズ(Axl Rose)は2016年、スラッシュ(Slash)ダフ・マッケイガン(Duff McKagan)が復帰したリユニオン・ツアーが本格的にスタートする前に足を骨折。急遽、フー・ファイターズ(Foo Fighters)デイヴ・グロール(Dave Grohl)が同じく足を骨折した際に利用した特注の玉座を借りて、ツアー序盤は、その椅子に座ったままパフォーマンスを行っていました。

この時の逸話をデイヴ・グロールが英Classic Rock誌に語っています。

最初に連絡を取ったのはダフ・マッケイガンでした。ガンズ陣営の誰かがデイヴ・グロールが玉座を使ってツアーを行っていたことを思い出し、ダフが連絡を入れたという。

「アクセルはガンズ・アンド・ローゼズでそれを使い、彼はAC/DCの時もそれを使っていた(※アクセルは同時期、AC/DCに代役シンガーとして参加)。突然、俺は“Thrones R Us”(※玉座[Thrones]版Toys"R"Us)みたいに、ツアー中に手足を骨折した時に相談に来る男になったんだ」

デイヴへの感謝として、アクセルは、ある高価で特別な贈り物をデイヴに贈っています。

「彼はスラッシュにギターを選んでもらったんだ。彼が選んだのは60年代初期のGibson ES 335 Dot。今まで弾いた中で最高のギターだ。信じられないほど親切で上品な行為で、とても感謝しているよ」と語っています。