HOME > ニュース >

ヴォーカルセレクション『EVANGELION FINALLY』が海外でアナログ盤化 カラーヴァイナル仕様

2020/11/25 12:50掲載
EVANGELION FINALLY [2LP]
EVANGELION FINALLY [2LP]
『エヴァンゲリオン』シリーズ25周年を記念したヴォーカルセレクション・アルバム『EVANGELION FINALLY』が海外でアナログレコード化決定。米国のMilan Recordsから2021年2月発売予定。プレオーダーは日本時間12月4日(金)14時から開始されます。アナログレコードは2枚組で、Milan Records、Mondo、Light In The Attic、Right Stuf、Newbury Comicにて、それぞれ色が異なるカラー・ヴァイナルでリリースされます。

『EVANGELION FINALLY』は高橋洋子の「残酷な天使のテーゼ」(『新世紀エヴァンゲリオン』主題歌)と「魂のルフラン」(『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』主題歌)、林原めぐみの「今日の日はさようなら」と「翼をください」(『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』挿入歌)など、アニメーションの印象的なシーンで使用されたヴォーカル楽曲をこの1枚で楽しむことができるコンピレーションアルバムです。日本では10月にCDでリリースされています。

■『EVANGELION FINALLY』

“The Cruel Angel’s Thesis”
“FLY ME TO THE MOON (YOKO TAKAHASHI Acid Bossa Version)”
“Soul’s Refrain”
“THANATOS -IF I CAN’T BE YOURS-”
“KOMM, SUSSER TOD (M-10 Director’s Edit Version)”
“Kyou no Hi wa Sayounara”
“Tsubasa wo Kudasai”
“FLY ME TO THE MOON (2020 Version)”
“Kokoro yo Genshi ni Modore 2020”
“Mugen Houyou”
“Shiawase wa Tsumi no Nioi”
“Come sweet death, second impact”
“Dilemmatic triangle opera”
“The Image of black me”
“Dilemmatic triangle opera AYANAMI Version”