HOME > ニュース >

ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの新ドキュメンタリー映画 Apple TV+で配信へ 監督はトッド・ヘインズ

2020/10/22 09:50掲載
The Velvet Underground
The Velvet Underground
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド(The Velvet Underground)の新しいドキュメンタリー映画『The Velvet Underground』の権利をApple TV+が獲得。米Varietyによると全世界での配信権を獲得しています。まだ公開日は発表されていません。

監督は、1970年代のロンドンを舞台に当時のグラム・ロック界を描いた『ベルベット・ゴールドマイン』や、ボブ・ディランの半生を描いた『アイム・ノット・ゼア』などで知られるトッド・ヘインズ。ヘインズがドキュメンタリーを手がけるのは今回が初めて。ヘインズは共同プロデューサーとしても名を連ねています。

プレスリリースによると、このドキュメンタリーは、これまでに公開されたことのないパフォーマンス映像、アンディ・ウォーホル(Andy Warhol)のフィルム、バンドメンバーやその他の主要人物のインタビューなどの「宝の山」となることを約束しています。