HOME > ニュース >

タワー・オブ・パワーのベーシスト、フランシス・“ロッコ”・プレスティアが死去

2020/09/30 23:39掲載(Last Update:2020/10/01 00:17)
Francis
Francis "Rocco" Prestia
タワー・オブ・パワー(Tower of Power)のベーシスト、フランシス・“ロッコ”・プレスティア(Francis "Rocco" Prestia)が死去。バンドの公式Facebookページで発表。「私たちの愛する“ロッコ”は昨夜、ラスベガスのホスピスで家族に囲まれて安らかに息を引き取った」と投稿しています。69歳でした。

フランシス・“ロッコ”・プレスティアは1951年カリフォルニア州ソノーラ生まれ。本名はFrancis Rocco Prestia Jr.。青年期にエレキギターを弾き始める。タワー・オブ・パワーのオーディションを受けた際、エレキ・ベースに転向した。デヴィッド・ガリバルディ(ds)とロッコによる、16分音符を主体とした独特のアンサンブルは“黄金のリズムセクション”として高い評価を得た。ロッコは病気で休養していた時期があるが、タワー・オブ・パワーの不動のベースプレーヤーとして長年にわたって活躍。世界中のベーシストがリスペクトするカリスマ。

ロッコは2001年から、さまざまな病気と闘っていました。2014年には「命を救うための」腎臓移植を受けました。彼の公式Facebookページの管理者であるBrian Rachlinの投稿によると、ロッコは亡くなる前にホスピスケアで短い時間を過ごしたそうです。

以下は、タワー・オブ・パワーのエミリオ・カスティーヨが発表した声明

私たちの愛する“ロッコ”は昨夜、ラスベガスのホスピスで家族に囲まれて安らかに息を引き取った。私たちの中には、この数日間で、彼と別れの言葉を交わすことができた人もいて、そのことにとても感謝しています。

私がいつもフランクと呼んでいたのは、彼の名前が1965年にフランク・ヒュートンだったからだということを、多くの人が知っています。中学生の時に初めて会った時、フランクは本当にクールな髪の毛をしたとても優しい子で、その髪の毛のおかげで彼をバンドに入れたんだ。

彼はひどいギター奏者だった。父はテリー・サンダースという先生を雇って、週に1曲教えてもらっていたんだけど、テリーがフランクに最初に言ったのは、「お前はベースを弾くべきだ!」ってことだったんだ。テリーは正しかった! フランクはベーシストとしては完全に一人前で、人としては他に類を見ない存在だった。

彼はこの20年の間に長い戦いをしてきたが、今は主のもとにいて、天国が彼の家だ。彼がいなくなるととても寂しいですが、今は安らかに眠っていることを知っているので、天国で彼に会えるのを楽しみにしています。

フランシス・“ロッコ”・プレスティアがタワー・オブ・パワーのサウンドの大部分を占めていたと言っても過言ではないだろう。人々がタワー・オブ・パワーを聴いたとき、彼らが話題にするのはいつもロコのことであり、彼は音楽界に大きな影響を与えた。

エミリオ・カスティーヨ、タワー・オブ・パワーのバンドリーダー